口臭予防にミントガムは口の臭いにどのような効果がる?

ミントガムの口臭予防効果について 
口臭予防にミントガムは効果があるの?ということでミントガムの効果についてです。

 

ミントというと、とても良い香りがして、精神的にも落ち着かせるような効果があります。

 

実は繁殖力が強くて、畑などに植えてしまうと駆除が大変になることもあります。

 

そんなイメージはありませんでしたが、生命力が強いともいえます。

 

カクテルやお菓子、エッセンシャルオイル、歯磨き粉、アロマなどと幅広く利用されています。

 

漢方薬として利用されることもあり、発汗、解熱、清涼、胃の働きを良くするのにも利用されることがあります。

 

そんなミントですが、ミントガムはどのような口臭予防効果があるのかお伝えします。

 

 

口臭予防にミントガムの効果はメントールによるもの!

ミントガムのミントが効果があるのはメントールによるもの 
ミントには、清涼感があるため、食後の口臭ケアとしてミント系のタブレットやガムを噛むようにしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それは、有効成分であるメントールの効果によるものです。

 

そして清涼感だけでなく、抗菌や消臭などの効果を持っています。そのため、食後のケアとしてミントを接種するというのは、非常に理にかなったものであり、その効果を期待することができます。

 

しかし、インターネットの情報の中には、口臭ケアとして取り入れることは、間違っているとする説もあります。

 

中には、電車の中でおじさんがミントガムを噛んでいるけれど、おじさんの口臭が勝っていると感じている方もいらっしゃいます。

 

そうなってしまう理由として、ミントというよりもガムの場合は、噛みすぎによって唾液の分泌量が逆に減ってしまうケースがあります。

 

どういうことかというと、人は噛むという行為で唾液がうながされますが、そこに味があることで唾液の分泌が良くなります。

 

ガムには味がありますが、その味がなくなっても噛むということは、逆に口も開いた状態も続けることになり、唾液の分泌も悪くなり口が乾燥するようになります。

 

口の中が清潔に保たれている状態とは、唾液が多く分泌されており、潤った状態のことです。

 

そのため、口の中が乾燥気味であると、強い臭いを放つということがあります。

 

例えば、緊張した人が言葉を放つと、臭いがきつく感じるといったことはないでしょうか。

 

あれは、緊張して口の中が乾いてしまったことによる臭いです。

 

そのため、口の臭いが気になるという場合には、抗菌・消臭の効果を気にすることも大切ですが、口の中を潤すということも大切です。

 

したがって、ミントガムを噛んでいるはずなのに、臭いが勝っているおじさんというのは、口の中が乾いているにも関わらずミントガムを噛んでしまい、さらに臭いを発してしまっている状態なのです。

 

では、どのように対策したら、抗菌・消臭の効果を上手く発揮することができるのでしょうか。

 

それは噛み過ぎないことです。

 

ミントの唾液の分泌を抑える効果は一時的なものなので、味がなくなったらすぐにガムは捨てるようにして下さい。

 

それをいつまでも噛み続けることで唾液の分泌が減り口臭が強くなってしまいます。

 

おすすめなのは、ガムやミントタブレットを噛む前には、しっかりと水分補給を行ってからにするということです。

 

また、噛んだ後も小まめに水分補給を行うことによって、口の中を潤すことができます。

 

さらに、ミントティーを飲むというのが、最も効率的な方法になります。

 

口の中を潤わせながら、清涼感や抗菌・消臭効果を得ることができます。

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る