口臭の対策ができる食品!パセリが効果がある理由について

パセリが口臭に効果がある理由について 
パセリと口臭効果についてです。

 

パセリというと「苦い」というイメージがすぐにきて、あまり好んで食べる人はいないと思いますが、以外にも口臭の対策として効果があることが分かっています。

 

レストランにいくと必ずみる緑の野菜になりますが、ただの飾りつけだけではなく意味があって使用されています。

 

和食などではあまり利用されませんけど、洋食には必需品のような食品で必ずといって良いほど見ると思います。

 

洋食というとニンニクが使用されていることが多く、その口直しとして利用することができることはあまり知られていません。

 

デートなどのときのちょっとした口臭対策としても利用することができますので、ぜひ利用したいところですが、どのくらいの効果があるのかお伝えします。

 

 

口臭の対策ができる食品!パセリにはパセリにはアピオールが豊富に含まれているので口臭に効果があるが豊富

 

口臭を対策することができる野菜のひとつとして、パセリがあります。

 

料理の仕上げにみじん切りをちらすと見栄えが良いために、よく使うという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

パセリには、たくさんの栄養素が含まれているので、見栄えだけでなく、からだの健康を保つためにも、非常に良い効果を発揮してくれます。

 

パセリが口臭を対策することができる理由は、アピオールという有機化合物が含まれているからです。このアピオールには、雑菌の繁殖を抑えるという働きがあります。

 

食べ物を食べた後などに、口の中が臭くなってしまうのは、様々な食べ物のカスが口の中に残り、雑菌が繁殖することによって起きます。

 

そこで、パセリを食べてアピオールを摂取することによって、その雑菌の繁殖を抑えることができ、口臭の対策につながります。

 

また、ビタミンCやベータカロテン、ピネンも多く含まれているというのも特徴です。

 

ビタミンCやベータカロテンには、抗酸化作用があります。抗酸化作用というのは、活性酸素を除去する働きです。

 

活性酸素とは、生活習慣が乱れてしまうことによって、からだの中で発生する酸素のことです。

 

この活性酸素というのは、からだを老化に導く原因となったり、内臓の働きを悪くする原因となったりします。

 

からだが老化したり、内臓の働きが悪くなったりすると、加齢臭や腐敗臭による口の臭いが発生するようになってしまいます。

 

そこでビタミンCやベータカロテンを摂取することによって、それらを原因とする臭いを抑えることができます。

 

そして、ピネンには、胃腸の働きをよくする効果があります。

 

口臭の原因は、口腔内の食べカスだけでなく、胃腸からあがってきている臭いであることもあります。

 

胃腸から臭いがあがってくる場合というのは、胃腸の働きが悪くなってしまっているときです。

 

そこでピネンを摂取することによって、胃腸の働きをよくすることができ、口の臭いを抑えることができます。

 

したがって、食事の中に意識的にパセリを取り入れるというのは、健康面においても、口臭対策においても、プラスの面が多くあります。

 

食感が食べにくいという場合には、みじん切りにして、スープなどに入れるようにすると、ツブツブ感もなくなるので、食べやすくなります。

 

ただし、食べ過ぎてしまうと、副作用が起きてしまうことがあります。

 

それが、流産です。少量であれば、問題がないことは証明されていますが、妊娠中の女性が食べ過ぎてしまうと、月経を促進させるので、流産につながってしまうことがあります。

 

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る