口臭の対策の食品でパイナップルが効果がある理由について!

口臭予防ができる食品でパイナップルの効果について 
口臭の予防食品でパイナップルの臭い効果についてです。

 

パイナップルというと南国の果物で知られているもので、亜熱帯地域で主に栽培されているものです。

 

温度が高い地域で育った果物は、他の果物から比べると人間の体にプラスになる要素が強いことがほとんどです。

 

その理由として直射日光ということになりますが、直射日光というのは紫外線でも分かるように人体に良い影響を与えません。

 

これは果物だけではなく、人に対する影響も同じことです。

 

その有害にもなる日差しが強い場所で育った果物には、それに耐えるための能力が備わっていることになります。

 

そのような理由から南国系の果物は人にとって有効成分が多く含まれていることにないますが、どのような理由で口臭の効果があるのかお伝えします。

 

 

口臭の対策の食品でパイナップルが効果がある理由について!

パイナップルが口臭対策ができるのは酵素の力によるもの 
どうしても口の中が臭いという場合、パイナップルを使ってみるというのも口臭予防をすることができる方法のひとつです。

 

パイナップルに含まれているブロメラインという酵素には、舌についてしまっているカスを分解する働きがあります。

 

そのため、頑固な舌の汚れも綺麗に落とすことができ、口の臭いを抑える効果があります。

 

パイナップルを使って口臭予防を行う場合には、凍らせたものを使います。

 

「食べる」のではなく、口の中を洗浄する「たわし」のようなものとして使っていきます。

 

まず、口の中に入れやすいくらいの大きさに切ります。

 

人によって大きさは異なりますが、大体、3センチメートル角くらいの大きさです。それを割りばしに刺して、冷凍庫で凍らせていきます。

 

シャリシャリのシャーベット状よりも、カチカチの固体になるまで凍らせた方が、使いやすいです。

 

カチカチに凍ったら、5分ほど冷凍庫から出して使います。

 

これは、カチカチに凍った状態だと、角ができてしまっており、そのまま口の中に入れると痛いからです。5分くらい溶かすと、ほどよい丸みを帯びるので、刺激を感じずに使うことができます。

 

冷凍庫から出して5分経ったら、割りばしの先につけたパイナップルで、口の中をこすっていきます。

 

うち頬や上あご、下あごなどをこすっていくと、マッサージ効果を得ることができるので、唾液の分泌を促すことができます。

 

そうすることによって、ブロメラインの分解効果だけでなく、唾液の分泌によっても口の臭いを予防することができるようになります。

 

口の中をマッサージしたら、最後に舌にこすりつけていきます。

 

そうすると、みるみるうちに、舌の汚れが落ちていくのが分かります。

 

ごしごしとこすらなくても、軽くなでるようにこするだけで取れていくので、あまり力を入れないようにして行いましょう。

 

このような一連の流れは、舌の汚れが気になったときだけ行っても効果がありますし、毎日行っても問題ありません。

 

しかも、1日1回を2分から3分程度行うだけでよいので、歯を磨くよりも時間がかからないというのが嬉しいポイントです。

 

夜のうちにパイナップルを凍らせておき、朝起きて出勤前に行うようにするのがおすすめです。

 

また、フルーツであるということから、甘さが気になるという場合には、終わった後に緑茶でうがいをすると、口の中をすっきりさせることができます。

 

そして、緑茶でうがいをすることによって、緑茶が持つ口臭防止効果も得ることができるので、一石二鳥です。

 

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る