ニンニクの口臭を予防する飲み物で臭いを抑えることができる?

ニンニクの口臭を消す飲み物とジュース 
ニンニクというと、臭い食品の代表ですが、ラーメン、餃子、キムチや焼肉等と中国料理などで使用されえることが多い調味料です。

 

これがないとうま味のようなものがなく、美味しくできない料理もあります。

 

今は和食でもこのニンニクを使用するようになってきていますが、少量であれば気にすることはありませんが、あまりにもその量が多いと、その日や次の日のことがどうしても気になってしまいます。

 

いわゆるニンニク臭というものがですが、味としては好まれますが臭いとしては好まれないことがほとんどです。

 

できれば臭いが消えてほしいものですが、それを知っていてもつい食べ過ぎることもあると思います。

 

そのようなときに飲み物で効果的なものについてお伝えしますので参考にして下さい。

 

 

ニンニクの口臭を予防する飲み物で効果的なのは牛乳とリンゴ!

ニンニクの口臭を消す飲み物ではリンゴ 
にんにく料理は大好きだけれども、翌日の口臭が気になるという人もいるでしょう。

 

しかし自分たちでもにんにくによる口臭を消す方法はあります。

 

臭いを消す方法ですが、ある特定の飲み物を飲む方法がテレビなどでも紹介されています。

 

その飲み物とは、リンゴジュースと牛乳です。リンゴジュースと牛乳ですが、効果を最大限に引き出すために飲むタイミングが異なります。

 

ガーリックを摂取した直後に飲むのであれば、リンゴジュースがおすすめです。

 

しかし例えば料理を食べてから少し時間が経過して、翌朝臭いが残らないようにしたいと思っているのであれば牛乳を飲むのがおすすめです。

 

臭い消しのドリンクとして、リンゴジュースと言われると、少し意外な感じがあるかもしれません。

 

リンゴにはアップルフェノンと呼ばれるポリフェノールの一種やカテキンが多く含まれています。

 

この2つの成分ですが、アリシンというガーリックの臭い成分の働きを抑制する効果があります。

 

その他にもリンゴ酸にはにおいを分解する効果に優れていて、このアリシンの分解を進める効果もあります。

 

ただしリンゴジュースを飲んで臭い消しをするためには、料理を食べた直後がおすすめです。目安としては、食後1時間以内に飲むように心がけましょう。

 

ニンニクの口臭を消す飲み物は牛乳 
眠る前に翌日に臭い消し対策をしたければ、牛乳を飲むのがおすすめです。

 

イメージとしては、胃壁と牛乳の膜でガーリックをサンドイッチするような感じです。こうすることで、ガーリックの臭いが外に出ないようにコーティングしてしまうのです。

 

ガーリックの臭い成分であるアリシンですが、たんぱく質が近くにあるとくっつきやすい性質を持っています。

 

タンパク質がアリシンを包み込んでしまうような感じです。タンパク質がアリシンを包み込むと、アリシンが体内で起こす化学変化が行いにくくなります。

 

このアリシンの化学変化が、嫌な臭いを引き起こします。牛乳にはタンパク質を多く含んでいるので、臭い対策をするにはオススメです。

 

ただし臭い対策として牛乳を活用しようと思っているのであれば、生乳ではなく低脂肪乳を選ぶことです。生乳と比較すると低脂肪乳の方がたんぱく質の含有量が多いからです。

 

牛乳に関しては、眠る前の他にも食前に飲むことで翌日以降の臭い対策を行うことは可能です。

 

焼肉や餃子などを食べに行くことを決めた、友人との飲み会でそのような料理の出るお店に行くことになった時には、あらかじめコップ1杯の牛乳を飲んでおくと良いでしょう。

 

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る