口の中が風邪で変な味がする原因は口腔カンジダ症?

口の中が風邪で変な味がする原因と対応策について!

口の中が風邪で変な味がする原因とは 
口の中が風邪で変な味がするときがあります。

 

風邪の影響のときがありますが、以外な病気が隠れていることもあります。

 

ほとんどは病気が良くなると、治まるケースが多いですが注意が必要です。

 

風邪といっても免疫が低下することで、風邪やインフルエンザになりやすくなりますので、このときに他の細菌やウイルスに対しての抵抗力を損なうことにます。

 

そうなると他の病気にもなりやすくなることはお年寄りの人でもよく見られるケースです。

 

2次災害にならないようにする対策法と変な味がする原因についてお伝えします。

 

 

口の中が風邪で変な味がする原因は口腔カンジダ症?!

口の中が風邪でj変な味がする原因と改善策 
冬場にインフルエンザにかかる人もいるでしょう。

 

インフルエンザにかかると体がだるい、関節に痛みを感じるなどの症状を訴える人も多いです。

 

その他に、インフルエンザに罹った人の中で口の中で変な味がすると訴えるケースもたびたび見られます。

 

口の中で変な味のする原因として大きく2つの要因が考えられます。

 

それは口腔カンジダ症を発症している、もしくは亜鉛不足になっている、このいずれかが原因である可能性が高いです。

 

口腔カンジダ症はあまり一般では聞きなれない病気かもしれません。

 

口腔カンジダ症とは口でカンジダ菌というカビの一種に感染してしまう病気の一種です。

 

なぜインフルエンザにかかるとそのような病気にかかりやすいかですが、この病気は免疫力が低下しているときに起こりやすいためです。

 

風邪などの病気にかかっていると、おのずと免疫力が低下しますので口腔カンジダ症を発症しやすくなります。

 

口腔カンジダ症は、舌に舌苔と呼ばれる白い苔のようなものができます。

 

もし舌が白っぽくなっていて、苦みを感じているのであれば、この口腔カンジダ症にかかっている可能性は高いです。

 

もし口腔カンジダ症にかかっているのであれば、口腔内を歯ブラシや歯間ブラシを使ってとにかく清潔な状態に保つ必要があります。

 

口の中が変な味がするときはマスクも効果的になる 

 

また口腔内を乾燥させてしまうと、カンジダ菌がどんどん繁殖してしまいます。

 

ですからいかに乾燥状態を避けるかを考えることも大事です。

 

たとえばマスクをすることだけでも乾燥を防げます。

 

また普段は意識していないでしょうが、あえて意図的に唾液を出すように心がけましょう。

 

ただしインフルエンザにかかっているときに口腔カンジダ症にかかったのであれば、インフルエンザが完治するときには元通りの状態になっているでしょうから、あまり気にする必要はないでしょう。

 

インフルエンザにかかっているときには、亜鉛が体内で不足する傾向が見られます。亜鉛は体の抵抗力を維持するにあたって欠かせない成分です。

 

つまりインフルエンザにかかっているということは、免疫力が低下している、亜鉛不足に陥っている可能性も十分考えられるわけです。

 

亜鉛不足になると免疫力がダウンするほかにも、味覚障害を起こすことがあります。

 

この味覚障害によって、どうも苦みを感じるという人もいます。亜鉛が不足しているのであれば、外側から補ってやる必要があります。

 

カキ、レバーやウナギ、牛肉、ナッツ類に多く含まれているので意識して摂取しましょう。

 

ただし亜鉛は100mgを上限としていて、過剰摂取するとかえって体に逆効果になる恐れもあるので注意しましょう。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る