口の中が変な味がする妊娠中の人の原因と対策について

 

妊娠が始まり、しばらくすると体に異変が起きることは、経験したことがある人であれ知っていると思いますが、その「中で口が変な味がする」このように感じる人もいます。

 

病気のように思ってしまい焦ってしまうものですが、適切に対処することで治まる症状でもあることも多いです。

 

ただ、本格的な味覚障害のときもありますので、そのようなときは病院で診てもらうことをお勧めします。

 

大抵は治まることが多いのが妊娠中の味覚障害です。

 

どのように対処すればいいのかまとめてお伝えします。

 

口の中が変な味がする妊娠中の人の原因は唾液の影響?

 

口の中が変な味がする妊娠中の人の原因と対策妊娠初期、いわゆるつわりのひどい時期に何か口の中で変な味がすると訴える人も少なからずいます。

 

なぜ妊娠の中でもつわりの時期に口の中で変な味がするかですが、唾液が原因とされています。

 

つわりの時に苦みを感じるという妊婦さんが多いですが、これは唾液の分泌量が普段よりも少なくなる、もしくは唾液そのもの成分が変化しているからと考えられます。

 

また前までは普通に食べていた市販の食材を口にしてみたところ、やたらしょっぱく感じるという事例もあります。

 

これに関してはまだはっきりとしたメカニズムは分かっていません。

 

しかし一説によると、生まれたての子どもに塩辛いものを食べさせることはできないので、子供に合った味覚になることが関係しているという話も聞かれます。

 

いずれにせよ、妊婦さんは通常時よりも味覚に何かしらの変化が生じることは頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

口内が苦い・まずい味のするのは冒頭に紹介したように唾液が関係しています。

 

この味をできるだけ感じたくないのであれば、口の中を空っぽの状態にしないことが大事です。

 

しかしずっと食事をしているわけにもいかないので、例えば飴をなめるとかガムをかむ、グミを口さびしいときに食べるといった習慣を付けましょう。

 

しかし女性の中には「糖分の摂り過ぎではないか?」と考える人もいるでしょう。

 

しかし口に苦みを感じて戻してしまうよりは、子供にもいくと考えると多少多めに栄養分を摂取しても良いでしょう。

 

口の中が変な味がするときの対策方法 

 

あとこのような苦みを感じた妊婦さんの中で困るのが、飲み物をどうすれば良いかでしょう。

 

カフェインの含まれているものはおなかの中の赤ちゃんのためにも飲むことはできません。

 

では水はどうかというと、無味無臭であることが逆にネックになります。

 

水を飲むと自分の唾液の苦みがよりダイレクトに感じてしまうので、飲めたものではないという女性もいます。

 

その場合にはジュースのような甘みのある飲み物を飲むようにしましょう。ただし飴などをなめて、かつ何度もジュースを飲むようになれば、さすがに糖分の過剰摂取と言われても仕方がないかもしれません。

 

そこでジュースを飲むときには、少しずつ間隔をあけてちびちびと飲むというよりも口を潤すような感じで摂取していきましょう。

 

女性の体は子供を身ごもると、平常時よりもかなり変化するといわれています。

 

ただしこのような変化は子供を出産すれば、元に戻ることがほとんどです。今回紹介した口の苦みも、安定期に入ったら大丈夫になったという意見も多いですから、数か月の我慢だと思いましょう。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る