口の中が変な味がする原因を知ってすぐに実行をしてみる!

口の中が変な味がする原因について 
 
口の中が変な味がする、味覚の異常を訴えるのは若い人にも多く、その広がりがあるのを感じます。

 

実は原因はたくさんあるのですが、その原因を知っていることで対策ができると思います。

 

60代ぐらいになると本格的な味覚障害が始まり、味を感じなくなるケースも多くなります。

 

その予備軍ともいえますが、早めに対象することでも予防をすることができます。

 

ほっといてもあまり良いことはおきませんので、早めの行動が必要だと思います。

 

ただ、この症状については医療の世界でも難しいものがあり、すぐに解決する人もいますが、そのまま引きずってしまうケースも多くあります。

 

変な味を原因を知って対策にお役立て下さい。

 

口の中が変な味がする原因は大きく3つの要素がある!


口の中が変な味がする原因は3つある口の中で何か変な味がするという話をしばしば耳にします。

 

口の中で変な味のする原因ですが、大きく3つの要素が想定できます。

 

その3つの要素とは、亜鉛不足によるものと口内菌の繁殖、そして歯磨き粉が関係しているケースです。

 

これに老化、ストレス、アルコール、タバコ、食生活なども原因になります。

 

ミネラルの一種亜鉛は、少量摂取すればいいのですが、不足すると体にいろいろな影響が出やすくなります。

 

亜鉛は体内で重要な役割を担っていて、DNAやたんぱく質、インシュリンの合成に深くかかわっているといわれています。

 

もし亜鉛が体内で不足してしまうと、DNAやたんぱく質の細胞分裂がうまくいかなくなって、免疫力が低下し、病気になりやすくなるかもしれません。

 

その他にも皮膚炎や脱毛症、男性の中にはEDの症状を呈するケースもあります。

 

その他に味覚障害もあります。味覚は舌の細胞が分裂することで機能を維持するのですが、亜鉛が不足すると分裂のペースが鈍くなって、味を感じにくくなります。

 

もし妙な味がするというよりも味がしないという感覚の方が近ければ、亜鉛不足を疑ってみましょう。

 

カキやたらこ、豚肉、牛肉、鶏肉、レバー、チーズ、海藻類、シイタケなどに多く亜鉛が含まれているので、このような食材を使った料理を食べるように心がけましょう。

 

口の中が変な味がする原因に菌が関係していることも 

 

口内で細菌が繁殖しすぎると、唾液に細菌が溶けだすことがあります。その結果、違和感のある味を感じることもあるかもしれません。

 

特にカンジダ菌が舌に影響を与え、味の違和感を抱きやすくなるといわれています。カンジダ菌はほとんどの人が持っているといわれていますが、繁殖してあまりに数が多くなると違和感を抱く人も増えます。

 

プラークなどの中にカンジダ菌を確認できるので、歯磨きを毎日磨くように心がけましょう。特に歯の隙間や舌に多く存在しているので、しっかりと磨くことです。

 

口の中が変な味がする原因に歯磨き粉も影響される 

 

毎日食事をした後に歯磨きをする人も多いでしょうが、この時使う歯磨き粉が味覚に影響を与える可能性があります。

 

もし味に違和感があれば、一度自分が使っている歯磨き粉の成分を確認しましょう。

 

もしラウリル硫酸ナトリウムという成分があれば、その歯磨き粉は使用しない方が良いでしょう。

 

商品によっては「ラウレス」とか「ラウリン」という表記になっているかもしれません。

 

石油系の合成界面活性剤で泡立ちが良くなりますが、味覚障害を引き起こす恐れもあります。

 

けっこう市販の歯磨き粉で使用されている場合も多いので、上2つの要因がちょっと心当たりのない場合には自分の普段使っている歯磨き粉を疑ってみると良いでしょう。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る