口が乾燥して口臭になる大きな原因はストレス?!

口が乾燥して口臭になるのはストレスが大きく関係している 
口の中は唾液が潤っているので、普段は乾燥などはしないものですが、加齢とともに分泌量が低下していくことがあります。

 

生理的なもので寝ている間は、誰でも分泌量が減りますが、日常的に減っていると感じるときがあります。

 

その乾燥だけであれば何も問題がありませんが「口臭も発生している」このような人も多いということです。

 

必ず口の中が乾燥すると臭いがでるわけではありませんが、その人の口の中の状態で臭いの強弱が変わることになります。

 

原因はハッキリしているので、その原因を対処することで早期の解決をさせることができるはずです。

 

どのようなことが臭いの原因で、どのような解決策があるのかお伝えします。

 

口が乾燥して口臭になる原因はストレスの影響が大きい

口が乾燥するのは唾液の不足が原因でストレスとの関係とは 
唾液の分泌をコントロールしているのが自律神経です。

 

この神経に大きな影響や、長年の蓄積されたストレスによりコントロールが正常に働かなくなり唾液の分泌量が減ってしまいます。

 

高齢でもないのに、いちじるしく口の乾燥を感じるのは、このストレスの影響が大きいといえます。

 

ストレスは目でみることはできませんが感じることができます。

 

適度なストレスは人を成長させる意味で必要なものになりますが、強い負荷が続くと、元の正常な状態に戻らなくなってきます。

 

この状態が神経のバランスを崩した状態で、体内の生活リズムにも負担をかけることになります。

 

いつも全力でスピードばかりだしている状態に体がなってしまうと、ブレーキを忘れたかたのような状態になるということです。

 

その影響が唾液の分泌量を低下させてしまいます。

 

自律神経の場合は内臓系を主にコントロールしているので、その内臓系にも負担を与えることになります。

 

ストレスを溜めないことが最大の対策といえますが、その方法を見つけることが難しいようにも感じています。

 

人によって同じことをしても、ある人は解消されても、ある人は逆効果になることもあります。

 

そのような中で比較的にどの人でも通じやすい方法はお風呂とマッサージです。

 

お風呂に入ることで神経全体を休める効果があります。

 

熱い温度ではなく、長い時間入れるような温度にすることでより効果が高くなります。

 

マッサージも神経を休めるのに役立つことになるので、この2つの行動だけでもかなり違うはずです。

 

どのような方法にしても「ストレスを溜めない」このことが重要になります。

 

溜めたものはいずれ吐き出さなければいけない状況になってしまいますので「ガマン」というのは時には逆効果になりやすくなります。

 

心の持ち方でもストレスを溜めないようにすることもできるので、少しだけ改めてみるのもいいかもしれません。

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る