自分で体臭のチェックをして臭いを確かめるためには

 

体臭のチェック方法で1番手っ取り早いのが他人に確認してもらう事ですが、中々そのようにお願いするのは恥ずかしい事でもあり勇気がある人でなければとても難しい事になります。

 

体臭が気になる気配を感じた方は、その感じた気配に的中する方が多いのですが確実とは言えません。

 

自分の臭いは臭いなれにより分からなくなる事も多いからです。

 

そんな時に自分で体臭の臭いを確認する方法があれば恥ずかしい思いをする事もありません。

 

どのような方法があるのか日常的にできるものでご紹介します。

 

自分で体臭のチェックが簡単にできる方法について

自分で体臭とわきがのチェックをする方法について 

 

体臭のチェックの仕方としては、嗅覚をリセットしてから衣類などの臭いを嗅ぐ方法と、ワキガを確認する方法があります。

 

実は、体臭がきつくても本人は全く気づかず過ごしているケースがありますし、逆にほとんど体臭はないのに周囲の反応を気にし過ぎてしまう人もいます。

 

また海外の空港でその独特な臭いに最初は戸惑っていても徐々に気にならなくなっていたり、ペットがいるお宅に訪問すると臭いに違和感があってもそのうち何も感じなくなったりするものです。

 

このように人間は臭いに慣れてしまうことも少なくありませんので、体臭で悩んでいる方は、自分の体臭をまずは客観的に知ることが大切です。

 

自分の体臭を確認するには第三者に嗅いでもらい意見を聞くのが一番ですが、なかなかそういうことは第三者に迷惑ですし恥ずかしいことなのでできないものです。

 

そこで自分の臭いを確認するセルフチェックの方法としては、日常生活において自分が着用している服の臭いを嗅いでみると客観的に体臭を把握することが可能です。

 

ただ先にも述べましたが、人間は臭いに慣れてしまうもので自分の体臭に慣れてしまった状態の嗅覚では客観的に判断できないので一度リセットする必要があります。

 

そこで、まずはシャワーを浴びたり、入浴したりして体の臭いを落とすと共に嗅覚をリセットすることです。

 

その後で脱いだ服の臭いを嗅いで見たり、枕やパジャマなどの臭いを嗅いでみたりすると自分の体臭が良く分かるものです。

 

それから体臭で一番強烈な臭いを発生させるのがワキガで、自身がワキガかを確認すのも必要です。ワキガのセルフチェックの方法としては、耳垢が湿っているかどうかを確認することです。

 

湿っているとアポクリン腺が多い場合があり、ワキガである可能性も高いです。

 

またワキ毛が多くて濃い方もアポクリン腺の数が多いのでワキガが強くなる傾向にあります。

 

それからアポクリン腺から出る汗は衣服に黄色いシミが残るので衣服の黄色いシミを確認すると分かります。

 

日常生活で常に汗が出て汗に粘り気がある場合はアポクリン汗の可能性があってワキガを疑った方が良いでしょう。

 

女性の方が男性よりも身だしなみに気遣うため、体臭をあまり感じない傾向がありますが、体臭の発生自体に関しては男女差がありません。

 

体臭を気にし過ぎるのも問題ですが、あまりにも臭いに鈍感すぎるのも良いことではありません。

 

客観的に自分の体臭を確認して自分も周囲の人も気持ちよく生活できるに心がけることです。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る