酸性の虫歯を予防するための対策と原因について

 

酸性の虫歯を予防するための対策として最低限知っておくと役立つ情報をお届けしています。

 

虫歯は子供ばかりではなく大人でも虫歯になり痛い思いをする方も多いかと思います。

 

歯医者に通っている方であれば初期で見つかる事も多いですが、痛みがでてから歯医者に行く方も多く、神経まで達してからだと神経を抜かなければいけないケースも多く後々の歯の健康に大きなダメージを与えます。

 

神経を抜くと歯の回りに栄養が届きずらくなるからです。

 

一度感染した虫歯菌を口の中から完全に除去する事は難しいですが、正しい予防で痛い思いをしなくてもよくなります。

 

酸性の虫歯予防についてお伝えします。

 

酸性の虫歯を予防するための方法とは

酸性の虫歯対策について 

 

歯が痛くて苦しんだのは子供の頃の話ではなくて、大人になっても歯の痛みが発生するリスクはあります。

 

菌が糖質や炭水化物などの糖分を使用して、歯の表面を溶かす酸を作り出して、その酸により歯が溶かされ虫歯になるのです。

 

つまり口の中が酸性になることが一番危険な状態なので、なりにくい食生活を知って日常的に意識し虫歯予防する習慣を身につけることが大事です。

 

糖質を全く摂取しない食生活にすることは難しいことですが、頻繁に摂っている人は回数をできる限り減らすように心がけることは可能です。

 

また、糖質以外でも炭水化物は立派な糖質なので、白米・うどん・パンなどの摂取にも注意する必要があります。

 

ただ、どうしても甘いものが欲しいという方は、口の中で酸を作らない代替甘味料を使用することでも対策ができます。

 

それから食べる量ではなく回数もポイントで、頻繁に回数を重ねて食べていると口の中は酸性状態が続くことになるので、食べる回数を意識した食生活を考えることも虫歯予防につながります。

 

例えば、1日3食の食事とおやつ1回と回数を決める、だらだら食べるのではなく時間を決めて食べる、ドリンク類は無糖のものを選ぶなどです。

 

また30代の男性は仕事が忙しくて短時間で食べられる麺類やファーストフードなどを選びがちですが、これらの食品は高糖質で高カロリーというものが多いです。

 

しかし忙しいからこそ食事はバランスの良い物を摂取したいものですし、バランスのよい食生活を心がけることで糖質過多や炭水化物過多を防いで歯の健康にもつながるのです。

 

唾液は口の中の殺菌や食事した後の酸性に傾いた口の中を中性に保つなど、歯を守る働きもしています。

 

しかし寝ている間は唾液の量が少なくなるので、寝る前や寝起きの歯磨きを欠かさずに行うことも予防として必要なことです。

 

寝る前に歯磨きをすることで殺菌の栄養源となる食べカスを取り除くこともできますし、寝起きの歯磨きは口の中に溜まった菌やプラークを取り除くことができます。

 

ただ朝の歯磨きは朝食後という方も多いので、そのような方は朝起きたらうがいをすると良いでしょう。

 

年齢と共に歯の間に隙間ができて、その隙間に残ってしまった食べカスが歯石になって歯の痛みを引き起こします。

 

デンタルフロスや歯間ブラシを使用して、隙間に残った食べカスを掃除することも必要です。それから歯科医院でフッ素コーティングを定期的に行うことも大切で、健康な歯保ち日々の生活を楽しむためにもこれらの予防を心がけましょう。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る