アメリカと日本のサプリメントの違いと国民意識の違い

 

国が違うと文化や食べ物が違うように、アメリカと日本ではサプリメントにも違いがあります。

 

アメリカの医療制度は日本と異なり、大きな違いがあるために健康に対しての意識やサプリメントに対しての意識が全く違います。

 

普通に病気をしてしまうと向こうの方は、高額な医療費の支払いとなりますので収入が少ない方にとっては大変な事にもなります。

 

そのためアメリカ国民自体がサプリメントに意識が高いために、日本と比べレベルも変わってきています。

 

向こうに移住したい方や留学を考えている方はにも参考になると思います。

 

どのような違いがあるのかお伝えします。

 

アメリカと日本のサプリメントの違いが良く分かる!


アメリカと日本のサプリの違いについて 

 

サプリに詳しい人やこだわりを持って使用されている方は、世界的にもアメリカは「サプリ大国」と言われていることを知っています。

 

ただ使用することがない方からすると、海外のサプリなので品質は大丈夫なのか、日本製の方が良いのではと考えてしまうことも少なくありません。

 

そこで、アメリカと日本のサプリメントの違いを理解しておくと役立つことになります。

 

アメリカでサプリが発展した大きな要因として考えられることは、健康保険制度が違っていることがあります。

 

日本で生活している私たちは、どこか体調が悪くなれば病院などの医療機関に行くことが多いです。

 

これは医療機関に行って健康保険証を提示することにより、ほとんどの人が実際の医療費の3割負担するだけで必要な医療が受けられるからです。

 

そのような医療環境が整っているのは、基本的に日本の健康保険制度は、全国民が必ず加入するシステムになっているためです。

 

しかしアメリカには日本のように全国民が国の健康保険に加入すると言ったシステムがないので、病気などで医療機関を受診すると高額な料金を支払わらなくてはならないのです。

 

このようなシステムになっていることからできる限り医療機関にかかることがないように、自分自身で病気を予防する意識が日本と比較して高いのです。

 

そして、その健康維持に活用されるのがサプリで、日本と比較しても数多くの種類が発売されていますし、多くの人が利用していることが、サプリ大国と呼ばれる理由と言えるのです。

 

それからアメリカにはサプリに関する定義づけが、ダイエタリー・サプリメント健康教育法という法律でしっかりと定められています。

 

その為に、サプリに関する全ての情報を開示することになっていて、メーカーとして都合の悪い情報を隠すことはできないことになっています。

 

また日本と違って効果・効能や飲むタイミングなどが、消費者に対する情報としてしっかりと明記されているのです。

 

日本では栄養補助食品という食品と位置づけているので、明確に定義が決まっていませんし、品質や規格に関しては各メーカーに委ねられているのです。

 

ただ、法律があるから安全と言い切れることではありませんし、定義が明確になっていなくても安全で高品質な商品もあることは確かです。

 

このような社会的背景や意識の違いが日本とアメリカにあることから、サプリの発展にも違う点が出てきていると考えられます。

 

一概にどちらが優れているとは判断できないことですが、アメリカと日本のサプリメントの違いを理解しておくことも必要です。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る