朝になると口臭や舌苔がひどなる原因とその理由まとめ

朝になると口臭や舌苔がひどなる原因とその理由まとめ 
朝になると口臭や舌苔がひどくなる!その原因と対策などについてです。

 

寝起きにひどくなるのは、原因がハッキリとしているだけに対策がしやすいのですが、その原因になっているのは口の中に保有いしている細菌が原因になっています。

 

口の中には目に見えない細菌が多くいることになりますが、それの数は最低でも2000億個はいるとされています。

 

そんなにもいるののに人間の目で確認することができません。

 

細菌がとても小さいためです。

 

その目に見えない細菌が多くなることで、朝になると口臭、または舌苔がひどくなることがあります。

 

ただ、ここで多くの人が疑問を感じることになります。

 

「寝る前はしっかりと歯磨きをしている」または「それ以外にデンタルフロスやマウスウオッシュもしている」、「虫歯や歯周病もない」このような疑問を感じることがあります。

 

 

なぜそこまでしていいるのに、朝になると舌苔や口臭がひどくなるのかその理由についてです。

 

 

ケアしているのに朝になると口臭や舌苔がひどくなる理由

ケアしているのに朝になると口臭や舌苔がひどくなる理由 
しっかりと寝る前は、歯磨きもしているし、ケアもしている、歯周病のないし虫歯もない、それなのになぜ寝起きに口の臭いが強くなるのか?ということですが、普段から菌を保有している数が影響しています。

 

最適でも人の口の中には、2000億個ぐらいの菌を保有しているものと、考えらえますが、これはその人によって変わってくることになります。

 

中には5000億個の人もいるし、そしてひどい場合は、1兆個などの菌を持っている人もいます。

 

なぜそのようになるのかというと、口のケア不足以外では、口呼吸の影響と唾液の減少による影響です。

 

唾液には、口臭や舌苔の原因になる細菌のみを細菌や抗菌する働きがあるものが含まれています。

 

口の中には悪玉菌や善玉菌、日和見菌と呼ばれる細菌群がいますが、この中で口の臭いを強くさせているのが悪玉菌になります。

 

その菌だけを減らすこができる、都合のよい物質が唾液には含まれているということです。

 

その物質をラクトフェリンやリゾチームなどと呼びますが、優れた抗菌性を示します。

 

そのようなものが減少することで、悪玉菌のみが増えやすく口の臭いが強くなってくることになります。

 

その唾液を減らす原因が、口呼吸であったり、口腔乾燥症と呼ばれる唾液が減る症状の影響です。

 

そのような環境があることで、細菌が増えるスピードが早くなってくることになります。

 

ケアしてもすぐに菌が増えてしまうので、通常よりも保有している細菌数が違うことになります。

 

そのためケアしてもすぐに菌が増えてしまうことになります。

 

そして寝ているときには、その唾液がさらに減少することになるので、さらに悪玉菌が増えるスピードが速くなります。

 

そのため朝になるとこの菌がたくさんいることになるので、口臭や舌苔が伴うことが多くなります。

 

寝る前に口のケアしているのに、寝起きになるとそうなるのは、その菌が増えるスピードが速いということが主な原因になっています。

 

対策については細菌を減らすことが改善につながりますが、口呼吸の対策や唾液の減少の対策、そして増えた細菌を減らすことが改善につながります。

 

その詳しい対策についてはコチラのhttps://www.teethbeauty.jp/方を参考にしてもらうと分かりやすいと思います。

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る