舌ブラシを使用しても舌苔が取れない原因と口臭の関係について

舌ブラシを使用しても舌苔が取れない原因と口臭の関係について 
舌ブラシを使用しても舌苔が取れない原因と口臭の関係についてです。

 

舌ブラシというと舌の汚れを取る、舌のケアアイテムの一つですが、そのアイテムを使用しても汚れが取れない、またはすぐに汚れる、という人がいます。

 

キレイになっているようでも、すぐに戻ってしまうので、それが悩みになっていることがあります。

 

確かに表面上のものとしては、取れていますが全部は取れないの現状です。

 

これは、その人だけに当てはまるのではなくて、誰でも同じことがいえます。

 

また、口腔内の環境によっても変化しますが、それが汚れでないこともあります。
ここを間違ってしまうと、毎日のように舌をケアしてしまうことで、舌を痛めてしまうこともあります。

 

どのような理由で取れていないのかお伝えします。

 

舌ブラシを使用しても舌苔が取れない原因は構造上の問題

舌ブラシを使用しても舌苔が取れない原因は構造上の問題 
舌苔といって舌の表面が白く変色していると、口臭がひどくなっている可能性があります。

 

この汚れは、菌類や藻類などの塊のことで口の臭いのもとになるわけです。

 

舌の汚れを取り除くために、いろいろとマウスケアを行っている人も多いでしょう。

 

舌のケアをするグッズとして、舌ブラシと呼ばれるものが販売されています。

 

こちらを使って対処している人もいるでしょう。ところが、舌ブラシを使ってケアしているけれども、なかなか舌苔が取れないと悩んでいる人もいるかもしれません。

 

舌ブラシといわれると、先ほど紹介した菌類や藻類などをしっかり取り除くことができると思っている人もいるはずです。

 

しかしこれは誤解で、完璧に取り除くことはブラッシングだけでは難しいです。

 

一見するときれいになったとしても、目に見えないレベルで菌類や藻類がまだ残っている可能性もあります。

 

また舌の形状も関係していて、一見すると平らに見える舌の表面ですが、細かい凸凹によって構成されています。

 

渓谷がいくつも連なっているような感じと思ってもらえればいいでしょう。

 

ブラッシングをしても、へこんでいるところにある菌類や藻類を取り除くことは難しいのです。

 

人によっては、鏡を見たときに舌が白く変色しているとそれは汚れであると思ってしまう方も多いようです。

 

じゅうたんのような構造をしているイメージを持つと分かりやすいと思います。

 

しかし本当に汚れなのかどうか、確認したほうがいいでしょう。

 

実はただ単に舌が変色しているだけで、細菌などが付着しているわけではないというケースも少なからず存在しています。

 

実は私たちの舌の色は常にピンク色をしているわけではありません。

 

白のほかにも黄色、赤、黒っぽく変色することもあります。

 

なぜ変色するのか、体質や体調の変化が関係しています。

 

舌はそもそも酸素に触れるだけでも簡単に変色するほど、敏感な組織です。

 

もし体調が悪化していれば、白っぽい舌に変色する可能性もあります。

 

では舌の変色なのか、汚れなのか確認するにはどうすればいいでしょう?

 

確認方法は簡単で、舌に指もしくはガーゼで触れて、その唾液をかいでみましょう。

 

もしこのときに特に臭いを感じなければ、舌自体は汚れていない可能性が高いです。

 

逆に強烈なにおいを発しているのであれば、細菌によって汚れた状態になっています。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る