舌が臭いし口臭がする原因と対処の方法について!

舌の臭いがするし口臭がする原因と改善方法 
「舌が臭い」というのは、そこに臭いになる何かがあることでそのようになりますが、誰でも少しはニオイはするものです。

 

ただ、これが少し強めということであれば気になるものです。

 

その人によって変わりますが、舌は汚れてはいないけど臭い、汚れていて臭いと2手に分かれますが、どちらにしても原因になっているのが菌です。

 

その菌が発生させるものが悪臭の原因になりますが、口臭の原因になるまでに相当な数がいることになります。

 

ハミガキでいくらかは口腔内全体的な菌の数は減らすことはできますが、根本的な解決にはならないと思います。

 

どのようなことが理由で臭いが強くなるのか、そして改善方法などについてもお伝えします。

 

 

舌が臭いし口臭がする原因は口の中に臭い菌がいるため

舌の臭い原因は細菌によるもの 
舌が臭い、というのは舌が汚れていても、汚れていないくても、その臭いになっているのは先ほども少し触れましたが菌によるもので、この菌が多いか少ないかで臭いの強弱が変わります。

 

口にはたくさんの菌がいますが、すべての菌が臭いをだすわけではなく、その中に臭いを強く発生させる菌がいます。

 

腸内細菌と同じ菌です。

 

その菌が特に強い悪臭を放ちますが、それが舌や口腔内全体に多くなることで舌の臭いや口臭の原因になります。

 

その臭いが強くなってしまうのは、菌が増えるための環境が口の中にあることになります。

 

これもいくつかありますが、口の中が乾燥しやすいなど、唾液の分泌があまり良くないなど、分泌が良くないことで起こりやすくなるのと口呼吸です。

 

口呼吸になるのは小さいときからそのようなクセがついている人もいますが、鼻炎などや花粉所などで鼻が詰まることで口呼吸になる人がいます。

 

そのためそれがそのままクセがつくことで自然に口が渇きやすくなるようなイメージです。

 

これは少しだけ日中も鼻で呼吸をするように意識していくことで状況は変わると思います。

 

寝ているときにもこの口呼吸が起こりやすく、また唾液の分泌が減っていきます。

 

寝ているときに口呼吸になってしまうのは肥満やストレスなど原因になりやすくなります。

 

どちらにしても唾液には抗菌成分が含まれていいるので、この唾液をなくさないようにする工夫が舌の臭いを弱める対策になります。

 

その臭いを取りたいがためにブラシでこすってしう人がいますが余計に強くなることがあるので注意が必要です。

 

理由は舌の粘膜が剥がれやすくなるからです。

 

舌は粘膜というもので外部からの菌から守っていますが、この膜が剥がれることでバリア的なものがなくなり、そこに菌が侵入しやすいということです。

 

舌の汚れがつきやすい人でブラシを毎日使用する人もいますが、これもやりすぎることで悪化させるケースがあります。

 

舌は大事な場所なのであまりいじらないことをオススメします。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る