舌の汚れと口臭の関係について!舌苔の正しい認識について

舌の汚れと口臭の関係について!舌苔ができる原因とは

舌が汚れる原因と口臭の関係について

舌が汚れるのは、その人によって原因が異なります。

 

1つだけの理由で舌苔がつくのではなく複数の原因が隠されています。

 

その原因は6つほどありますが、自分の原因に1番当てはまる原因を見つけて対処していかないと舌苔から解放される日がこなくなります。

 

舌はとてもデリケートな一面を持っていて、変にブラシなどでこすると、すぐに傷がついてしまう組織でもあります。

 

それだけデリケートな部分になるので、安易に考えてしまうと、その代償を背負ってしまう事もあります。

 

どうような理由で舌が変色したり汚れがつくのか、その理由をお伝えしますので、その原因にあった対処を考えてみて下さい。

 

原因が分かれば間違った方法は取らないと思います。

 

舌が汚れる原因と変色について!口臭との関係

舌苔ができる理由と変色について!口臭との関係は

舌の色がピンク色ではなく、白く苔の生えたようになっていて気になる方も多いですが、その正体は舌の細胞の角質が多くできて、細菌などが溜まって白く見える舌苔です。

 

発生する原因は細菌・口呼吸・消化器系疾患など様々ありますが、原因が特定できないことも多くあります。

 

ただ、これは口臭の原因になることもあるので発生する原因について理解し対策する必要があります。

 

発生する原因のひとつは、舌の溝に口の中の細菌が入り込んで溜まることで、色素を作り出す細菌の場合には黄色・灰色など白以外に変化することもあります。

 

2つ目の原因は舌自体の上皮や口の中の上皮が剥がれて溜まることです

 

人間の舌も表面は角質化して舌の細胞が伸び剥がれることがあるのです。3つ目は食べかすが舌の細胞の間に残ることです。

 

口呼吸があったり、舌が低い位置にあったり、舌の動きが鈍かったりすることで舌が周りと擦れず食べかすが残ってしまうことがあります。

 

4つ目は口呼吸で乾燥することによりこびりつき取れにくくなるためで、食べ物の汚れが付いた食器も濡れている間はすぐに汚れは取れますが、一度乾燥すると取れにくくなるのと同じです。

 

5つ目は口の中を洗い流す効果がある唾液の量がストレス・薬・全身的な病気で減ってしまうことがあります

 

6つ目は高齢や病気などによって舌の運動の機能が低下することにより舌の表面の汚れが落ちにくくなって発生することが考えられます。

 

朝起きた時に一番口臭があるのは、就寝中は唾液量が減り舌の動きが悪くなることにより、汚れが舌に溜まりがちになるからです。

 

このように口臭を引き起こす原因になる舌苔ができる要因には様々なことがありますが、特別治療を必要とすることはありません。

 

ただ、口臭が気になる場合や舌が白く汚れた感じになることが気になる方は舌ブラシで磨くなどして除去すると良いでしょう。

 

しかし、舌の粘膜が傷つく恐れがあるので、舌ブラシで取り除くのは起床時の1日1回として、それ以上行うことは避けるように心がけることも大切です。

 

また、歯ブラシで舌を磨くことは、舌を傷つけることがあるので、この方法も行わないように注意する必要があります。

 

それから胃の調子が悪いと口の中に影響を与えることもあって、消化不良から舌に舌苔がたくさん付着することがあります。

 

予防するためには胃の状態を改善する必要があります。

 

食事の量を腹八分目に抑えたり栄養バランスが取れた食事内容にしたりすることが大事です。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る