口臭を良くするには口腔内の舌苔を確認してみる

 

口臭を良くしたいけど思いつくことは確認したのに、イマイチ原因が分からないということがあります。

 

見落としがちの1つが舌の汚れ、舌苔なのですが今一度確認をしてほしいところです。

 

色をみるとすぐに分かりますが、白くなっているのであればそれを落とす事でも解決できる場合が多いです。

 

特に舌の汚れは奥の汚れがとりづらいもので、そこに残っていることも多く見られます。

 

口が渇きやすい人は要注意で、そこに残っている場合は、除去することで臭いが治まるはずです。

 

あまり気にしすぎて無理に落とすことではありませんが、次に話す方法で試してみ下さい。

 

 

口臭を良くするには舌の汚れが取れることで解決することも多い

口臭を良くする方法は口腔内の見直しも大事 
口臭が気になって仕方がないという人はいると思います。

 

もしそのような悩みを抱えているのであれば、最初に口内衛生の改善を目指すことです。

 

というのも口臭の原因の大半は口の中で作り出されるからです。

 

もっと具体的に言うと、舌苔と呼ばれる舌の表面の白い所にできた揮発性硫黄化合物が唾液と混ざり合うことで嫌なにおいを発することが多いです。

 

つまりこの揮発性硫黄化合物対策を行うことが、最初にする口臭を良くする方法になるわけです。

 

では具体的に口臭を良くする方法として、普段どのようなことを心がければいいのでしょうか?

 

それは舌掃除を適切に行うことです。

 

先ほども紹介したように、舌苔によって悪臭を引き起こすことが多いわけです。

 

ですから舌苔を取り除いて、きれいな状態にすることが効果的なのです。

 

ただし難しいのは、きれいに取り除けばいいのかというとそんな単純な話ではない点で、あまりに舌苔をとりすぎてしまうと、逆に口内で細菌が繁殖しやすくなって、逆に口臭のきつくなることがあるのです。

 

舌苔は誰の口の中でもある物なので、あまりナーバスになりすぎる必要もないです。

 

もし舌掃除をするのなら、ドラッグストアなどで販売されている専用の舌ブラシを使うのがオススメです。

 

もしなければ、小児用の毛先の柔らかい歯ブラシとか、目の粗いタオルなどを使ってみがいてもいいでしょうが注意が必要なのでなるべく専用のブラシを使用することをオススメします。

 

舌掃除をする時には、鏡を見ながら行うようにしましょう。

 

口臭は舌の汚れを落としてみる 

 

舌の後方に舌苔が付いている状態であれば、掃除をした方が良いです。舌ブラシを使う場合には、舌の奥に軽く当てて手前に引き寄せるような感じでみがきます。

 

あまり奥に入れすぎると嘔吐反射が出てしまいます。舌ブラシの先端に汚れが付かなくなったようであれば、掃除は終了しても構いません。

 

舌掃除をする頻度ですが、起床時1日1回行えば十分です。

 

1日に何度も舌掃除を行うと、逆に舌の粘膜を傷つけてしまって逆効果になる恐れも出てきます。

 

ちなみに口内炎など舌に傷ができているとか、前の日食事をしている時などに誤って舌を噛んでしまった場合には舌掃除は当面行わないようにしましょう。

 

口臭の原因は、胃の中など他の箇所というケースもあるにはあります。しかしその大半は口の中に原因があると言われています。

 

自分の口臭で周りに迷惑をかけていないかどうか心配というのであれば、舌掃除など口内環境の向上を心がけましょう。

 

上で紹介した舌掃除も、1日数分程度で完了するはずですから、ちょっとした合間を使って毎日続けてみることです。

 

ブラシに関してはすべてを取ることはできませんので、もしひどい場合はタブレットを使用することをオススメします。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る