ジンジバリス菌と歯周病について!乳酸菌は効果がない

ジンジバリス菌と歯周病について!病気の原因と解消方法とは

 

歯周病というと、一つの菌が悪さをして病気になるわけではなく、いくつかの菌が総合的に作用することで口内の病気になります。

 

この病気の菌が確認されているだけで数十種類の菌が確認されていますが、その代表的な菌がジンジバリス菌とうことです。

 

 

ポルフィノモナス・ジンジバリスといいますが、この菌は歯周病だけではなく、血液中に潜り込むことができる菌です。

 

ハグキに炎症を起こし、出血させその出血したところから血液中に侵入して他の病気を誘発する菌では有名です。

 

歯周病菌、全体がそのような特徴も持っていますが、その中でも良く確認されるのがこの菌ということです。

 

どのような特徴と対処方法があるのかお伝えします。

 

ジンジバリス菌と歯周病!菌の特徴と対処方法について

歯周病菌とジンジバリス菌について 
この歯周病菌といわれるものは常に口内にいる菌で、どこかで感染したことで口内に住み続けます。

 

その感染経路は様々で唾液によるものがほとんどですが、小さいときに親から移されたものが有力となります。

 

大人でも「キス」という行為で感染しますので、この病原菌の感染を完全に防ぐことは不可能といえます。

 

歯周病菌、このジンジバリス菌は誰でも持っている菌といえますが、数が少なければ口内にトラブルを起こすことは、ほとんどありません。

 

誰でも保有していますが、数が多くなければ、ただ口内にいるだけで何もしないということです。

 

ですが、この菌を増やしてしまうことで、この菌が持っている力を引き出すことにより、厄介な存在となります。

 

吸血鬼のような菌で、歯周病により出血をすることで、その血を最大のエネルギー減として活発な行動をみせるようになります。

 

この血というエネルギー減を得ることで凄まじい勢いで仲間を増殖させていきます。

 

この増殖によりハグキをさらに影響を与えることになるので、出血やハグキを痩せさせるということをさせていきます。

 

一度ハグキが痩せてしまうと元に戻すことは不可能になりますが、それが進行していくと今度は歯もダメにしてしまい、最終的には抜けてしまうことになります。

 

歯の寿命と深い関係がある菌ともいえます。

 

その歯やハグキをダメにするのではなく、体内の血液中に潜りこんで悪さをするということです。

 

血栓といって、血液の通りを悪くさせる物を血液中に作り出して血液の流れを止めたりするものを作り出したりします。

 

血の流れが止まると、そこで破裂してしまうので場所により、心臓付近であれば心筋梗塞、脳の付近であれば脳梗塞となって、そのような病気も引き起こすことが分かっています。

 

そのような特徴を持った歯周病菌ということになります。

 

この菌の対処をするのには、菌を増やさないようにすることが最も大事な予防方法になるので、しっかりとした歯磨き、唾液の分泌を安定される、口内のバランスを保つ、この3点が大事になってきます。

 

歯周病菌は乳酸菌では意味がない 
単体で歯周病菌に関しては何も悪さをしないので、その菌を増やさないようにすることが最も重要になってきますが、その一つの方法が歯磨きです。

 

菌の数を口内全体から減らす唯一の豊富が歯磨きになります。

 

この歯磨きをしっかりすることで病気の予防は十分にできることになります。

 

唾液が少なくなることで病原菌が増えるのは、唾液には抗菌物質が含まているためです。

 

唾液が減ってしまうのは色々な理由がありますが、ストレスを溜めないなどの日常生活での注意も必要です。

 

口内のバランスに関しては、そのような病原菌を増やさないようにする菌も口内にいることになりますので、それを減少させないような普段からの環境に気をつけなければいけません。

 

口内のバランスを崩してしまうのは、マウスウオッシュや薬品などによる影響が大きくなりますので、できるだけそのようなものを多用しないように意識も必要です。

 

質問で多いのが乳酸菌は?とのことですが、乳酸菌が全く効果がないわけではありませんが、虫歯を誘発してしまうので、できればビフィズス菌にすることが安全といえます。

 

このようなことも意識して、歯周病を予防するには歯磨き粉自体を変えてしまうのが最も有効な手段といえます。

 

今は便利なものがたくさんあるので、現在使用しているものに特別なこだわりがないのであれば「歯磨き粉を変えてみる」このようなことで予防の強化がかなりされることが多いです。

 

具体的に効果のあるものとしては、プロポロリスが配合されたものか、最新式ということであればマスティックとう成分が使用されているものであれば歯周病には効果的です。
一昔前はなた豆という成分も流行りましたが、それよりも効果は数段上です。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る