歯周病予防の前の知ってほしい知識と事柄について

歯周病を予防する前に知ってほしい事について

歯周病の事を少しだけ理解していただき、どのような流れで完治させるのかまとめてみました。

 

歯周病は誰もでもなる可能性のある身近な病気にもなりますが、どのような病気なのか知らない方も多いと思います。

 

知っているだけで頭に地図を描く事が出来ますので、スタートからゴールが自分で分かるようになります。

 

また、完治までは難しい事はしませんが、歯科ばかりでなく自分の自宅でも知識として深めていれば予防の役にも立つ事にもなります。

 

ひどくなると最終的には歯を溶かし抜けてしまう厄介な病気でもありますが、早い段階で予防をしていけば完治も早くなります

 

どのような病気なのか簡単にまとめましたので参考にして下さい。

 

歯周病の予防に必要な基礎知識と病気について

歯周病についてのまとめ

歯周病(歯槽膿漏)は、歯磨きが行き届かない歯と歯肉の境目に多くの細菌が繁殖することで、歯肉の辺縁に起こる炎症性の疾患です。

 

ほとんど痛みはありませんが、炎症により赤く腫れたりしますし、進行すると歯を支える土台となる歯槽骨が溶けて歯が動くようになって、最終的には抜歯する必要がある病気です。

 

主な原因は細菌の塊と言われるプラークで、プラーク中の細菌が歯肉に触れると細菌を排除しようと炎症反応が起こって歯肉炎となります。

 

この時点では適切なクリーニングと管理をすることで炎症は治まるのですが、不衛生な状態が続くことで細菌が歯根に沿って深部に浸入し歯周組織を破壊していきます。

 

このように細菌が組織の中に入り込み健康な歯の状態から歯肉炎に、そして歯周炎へと徐々に進行させて歯周病になっていくのです。

 

また、歯ぎしりや噛みしめ・不適合な冠や義歯・喫煙・乱れた食生活・糖尿病などの全身疾患・薬の長期服用なども進行させる因子と考えられます。

 

症状の発生や悪化を防ぐためには何といっても歯磨きが一番大切なことですが、それ以外にも自分でできるセルフケアもあります。

 

まず食生活に注意することで、だらだら不規則な食べ方をしないことや、甘い物・軟らかい物を過剰摂取しないように気を付けることです。

 

喫煙は進行を急速に進めることが分かっているので、喫煙習慣のある方はできる限り控えるか、禁煙することがおすすめです。

 

噛みしめや食いしばりをする癖がある方は意識的にやめるようにすることが大切ですし、睡眠中に歯ぎしりをする方は歯をガードするマウスピースを使用すると良いでしょう。

 

歯石は自分で除去することができないので、定期的に歯科医院で細目に歯石を除去してもらうことで、これらのセルフケアも実行すると発生や悪化を防ぐことにつながります。

 

進行度別の具体的な治療法としては、軽度なら歯の表面に付着している歯石や歯茎で隠れている浅い部分の歯石を機械や器具により取り除くことになります。

 

中等度ならより深い歯茎の内側の所までついている歯石を除去することになりますし、できる限り歯垢がつきにくくため歯の表面をスベスベに仕上げます。

 

この程度の深い位置になると軽度と違って麻酔を使用して行うこともあります。

 

重度なら歯周ポケットが深すぎることから手探りで歯石を除去するのも限界で、麻酔をして歯茎を切開して歯の根っこに付着した歯石を徹底的に取り除きます。また、歯周ポケットを浅くすることにより今後のメンテナンスをやりやすいようにします。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る