胃と口臭と口の渇きの関係性とドライマウスの対応

胃と口臭と口の渇きの関係性と改善方法について 
胃の機能低下で口が渇きやすくなり口臭が発生しやすくなるの確立が上がるのは、間違いないことですが近年、ドライマウスという症状で悩まれている人が多くみられます。

 

女性の方が多いのですが、加齢やストレス、またはホルモン的なバランスも深く関係しています。

 

その影響で口が渇きやすくなり口臭が発生している人が多いといえます。

 

この口の渇きについては、まだ正確な治療法がないのが現状ですが、自身でも気をつけることで予防などをすることができます。

 

少しでもプラスになることを吸収して実勢することで、何かの変化があることは確かなことだと思います。

 

どのような理由で口が渇くと口臭が発生するのかお伝えします。

 

 

胃と口臭と口の渇きとドライマウスの改善策について

胃と口臭と口の渇きのドライマウスの解消方法とは 
口臭の原因はいろいろと考えられますが、その中の一つに口の渇きが関係していると言われています。

 

更年期前後を中心に中高年の女性を中心として、口の渇きを訴える人も多いです。

 

このような症状のことをドライマウスといいます。ドライマウスは唾液の分泌が悪くなっていることが原因です。

 

唾液というと、消化作用をイメージする人も多いですが、その他にも重要な役割を果たしています。

 

例えば細菌や食べかすなどを洗い流してくれる自浄作用や抗菌作用もあります。

 

もしドライマウスで唾液の分泌が悪くなってしまうと、口内で細菌がどんどん繁殖してしまいます。

 

そうなると、口臭の原因となりうるのです。さらにドライマウスを放置していると細菌繁殖がさらに進み、虫歯や歯周病の原因となる可能性も出てきてしまいます。

 

ドライマウスは、唾液の分泌が悪くなるという消化器官の病気の一つです。

 

このため、胃腸の不調と密接な関係があると言えます。

 

ドライマウスを治療することが、口の臭さ対策としては最重要です。

 

しかし自分で対策する方法もありますので、臭いの気になる人は早速実践してみましょう。

 

まずは梅干しを食べることです。

 

梅干しを見ただけで、唾液がたくさん出るという人も多いでしょう。

 

梅干しの酸っぱさに体が条件反射しているのですが、唾液が増えることで殺菌や食べかすを洗い流す作用が復活します。

 

また梅干しにはクエン酸が豊富に含まれています。

 

このクエン酸には、殺菌作用とタンパク質を分解する作用もありますから、口の中や胃の中の細菌を殺してくれたり、食べ物の分解を促進したりする作用があります。

 

また緑茶をのどが乾いたら飲むように心がけることも、口の臭い対策として有効です。

 

緑茶にはフラボノイドやカテキンが含まれているのですが、両者に共通して殺菌作用があります。

 

よって口の中で繁殖した細菌を減らしてくれます。

 

喉が渇いたなと思ったときには、緑茶を口に含む習慣をつけると、臭いのレベルも和らぐかもしれません。

 

ただしこれらの対策は、あくまでも応急処置的なものばかりです。ドライマウスの根本的な解決策にはならないので、しっかりドライマウスの治療を受けましょう。

 

歯科クリニックを見てみると、ドライマウスの治療を行っている所もたくさんあります。

 

近所にそのような治療を行っている歯科医院がないかチェックしましょう。

 

ドライマウスの治療をしっかり行えば、周囲の人に臭いで迷惑をかけていないかなどの心配をする必要もなくなりますが、現実にはまだ治療法が確立されていのが現状です。

 

最善を尽くすことから始めるのが第一歩となります。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る