胃からくる口臭の対策と臭いの原因について!

 

胃からくる口臭の対策でとても重要になるのは「刺激を与えない」この行動が非常に大事になってきます。

 

機能が低下することで口臭が発生しやすくなるので、その機能を回復させる意識が必要になります。

 

他の臓器にもいえることですが、何かの影響を受け細胞自体が弱るのでその結果、働きが悪くなります。

 

人間を構成しているのは1つ1つの生きた細胞の集まりです

 

その細胞が約60兆集まって人間というものが存在しています。

 

機能が弱るということは、その臓器を形成している細胞の集まりが弱っているということですから、その細胞に影響を与えるような行為をしないことがとても重要になります。

 

胃からくる口臭の対策をお伝えします。

 

胃からくる口臭の対策は生活環境の見直しが大事

胃からくる口臭の対策は生活環境が大事 
胃からくる口臭の対策は生活環境の見直しが大事になってきますが、その前に胃から直接、口の方に臭いが逆流してくるわけではありません。

 

胃の中で消化された内容物はすべて腸内に運ばれ、そこから血液に吸収されることになります。

 

必要のないものは便や尿として排出されます。

 

その吸収されるときに臭い成分も一緒に吸収されることになるので、血液を循環して酸素の入れ替え時に口から臭いとなって出されます。

 

胃で発酵した臭いが血液を通して口からでていることになります。

 

胃の機能が低下することが問題なのですが、その機能を正常にすることで臭いは治まるようになります。

 

そのようにするためには、臓器に刺激となるものをできるだけ排除していかなければいけません。

 

男性に多いのがアルコールによる刺激です。

 

アルコールは適度であればストレス解消などにも役立つことになりますが、適切な量を超えると逆効果になることが多くなります。

 

アルコールは水分と違い分子がとても小さく胃のバリアの役目をしている粘膜を通過してしまい、その下の層に強い刺激を与えることになります。

 

バリアをしているということは、そこに何か守るものがあるのでバリアをしています。

 

そのバリアを通過して守っている細胞に刺激を与えることになるので、胃の機能が低下していきます。

 

アルコールは飲み過ぎない、休ませるというのは、とても大事なことなのですが、分かっているようで実行できないことが大きな原因ともいえます。

 

肝臓にもよくないので休ませることを強くおすすめします。

 

続いてタバコですが百害あって一利なしなのは、どの人でも知っていることです。

 

胃にとっても刺激となり健康にとってもマイナス要素しか生み出しませんのでこれ以上の説明は要らないと思います。

 

ストレスも同じことです。

 

男性ではこの2つが目立ちますが、女性の場合は辛いものに注意が必要です。

 

女性は食生活とストレスと辛いものに気をつける 
辛いものを食べると「痛い」などの経験をしたことがある人は多いと思いますが、痛いと感じるのは細胞自体がその辛み成分に対して拒絶している反応によるものです。

 

胃が弱っているときに辛いものを与えるということは傷に唐辛子を塗るような行為ですので、辛いものには注意が必要です。

 

人間は環境に対応できるように体質を変化させることができるので、辛いものが大丈夫な人は、そのような体質に変化しているということです。

 

どちらにしても胃にとっては刺激の強いものになるので、控える方が無難となります。

 

食生活の中では油の取り過ぎも機能を低下させます。

 

肉中心、揚げ物中心と食べ過ぎは胃に大きな負担を与えますので、バランスの取れた食生活が必要ですが、野菜を中心にすることで負担を軽くすることができます。

 

結論をいうと、どこかで誰もが知っているようなことばかりですが、分かってはいても見直せないことが最大の原因ともいえます。

 

ストレスも胃にとても負担を与えることになりますが、このような小さな積み重ねが細胞を1つ1つ弱らせていくことになります。

 

知識はあくまでも知識であって、知っているだけでは口臭は一向に改善されません。

 

また、20歳を境に1日絶つごとに人間の体は老化していきますので、細胞自体の機能も老化していくということです。

 

ちょっとした勇気と意識が必要なだけです。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る