口臭の対策をする飲み物で緑茶はどのくらい効果があるの

口臭の対策の飲み物!緑茶の効果と詳細について

緑茶の口臭効果と詳細について 
口臭の対策ができる緑茶の効果についてです。

 

緑茶の成分は消臭グッズでも良く利用されるもので、口臭や体臭の対策でも必ずと良いほど使用されています。

 

サプリメント、石鹸、ボディソープ、家庭用の消臭グッズなど幅広く利用されています。

 

ここまでたくさんの商品に使用されるということは消臭力があることは、実証されているようなもので、疑いのよちがありません。

 

そのような商品に使用されるときは、お茶にする前の茶葉の状態から有効成分を抽出して利用されることになります。

 

ただ、今回はお茶にして飲むことで効果がどのようになるのかお伝えしていますが、消臭効果があることは間違いがありません。

 

ただ、有効成分を取り出しているのではなく緑茶そのものを取ってしまうためにカフェインが混ざるために飲みすぎだけには注意が必要です。

 

カフェインは自律神経に作用して口臭でいうと口を乾燥させて口臭をひどくさせることがあります。

 

注意点としてはそれぐらいになりますが、どのような効果があるのかお伝えします。

 

 

口臭の対策の飲み物!緑茶の効果はまとめると3つある

緑茶の口臭効果は3つある 
緑茶は、口臭を予防したいと考えたときに、とても優れた効果を発揮する飲み物です。

 

それは、緑茶が持っている3つの力が理由にあるからです。

 

1つ目の力は、ストレスを緩和させるというものです。

 

緑茶には、ビタミンCやテアニンが含まれています。人がイライラしたり不安になったりすると、それを抑えようとするホルモンが分泌されます。

 

そのホルモンを生成する際に必要となる栄養素がビタミンCです。

 

そのため、ビタミンCを摂取することによってホルモンを上手く生成することができ、ストレス緩和につながります。

 

また、テアニンには、人の緊張を和らげ、気分をリラックスさせるというはたらきがあります。

 

「飲んだらホッとする」というのは、このテアニンが働いている証拠です。

 

ストレスが上手く緩和されていないと、唾液の分泌が低下したり、胃腸のはたらきが低下したりします。そのため、それが口臭の原因になることがあります。

 

したがって、ストレスが緩和されることによって、ストレスを原因とする臭いを予防することができます。

 

緑茶は活性酸素の除去ができるので口臭の原因になる全体的な効果がある 
2つ目は、消臭や殺菌効果があるということです。「

 

緑茶に豊富に含まれている成分と言えば?」と聞かれたとき、すぐに思いつくのがカテキンではないでしょうか。

 

カテキンは、ポリフェノールの一種で、口の中の臭いの元となっているガスと結合し、臭いを抑える消臭効果とガスの発生そのものを抑える殺菌効果があります。

 

3つ目は、抗酸化作用があるということです。ビタミンCとカテキンには、もうひとつ口臭に対して良い効果があります。

 

それが、活性酸素を抑制するはたらきです。

 

活性酸素とは、乱れた生活習慣が原因となって体内で発生する酸素のことで、これが増え続けてしまうと、老化の原因になったり、内臓のはたらきの低下の原因になったりします。

 

そこで、緑茶を飲むことによって、ビタミンCとカテキンを効果的に摂取することができ、臭いを抑えることができるようになります。

 

おすすめの緑茶の飲み方としては、煎茶を飲むということです。

 

コップ1杯飲むだけで、ビタミンCやテアニン、カテキンの効果を得ることができます。

 

そのため、日々の生活の中で、コップ1杯の煎茶を飲むように心がけるだけで、臭いを気にしなくてよくなっていきます。煎茶でうがいをするというのもおすすめです。

 

臭いの強い食べ物を食べた後や、コーヒーを飲んだ後、たばこを吸った後などに行うと、より効果を実感することができます。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る