口臭対策にりんごジュースはどのくらいの効果があるの?

口臭対策にりんごジュースはどのくらい消臭力に優れているの?

口臭対策にりんごジュースはどのくらい効果があるのか 
口臭対策にりんごジュースはどのくらいの効果があるのかについてです。

 

りんごジュースはコンビニやスーパーなどで、どこでも手に入るもので普段も何気なく食べたりジュースとして飲んでいる人は多いと思います。

 

りんごというとバラ科のリンゴ属という仲間になりますが、原産地は南部のカザフスタン、キルギスタン、タジキスタンとされていて、そこからヨーロッパや日本に広まったとされています。

 

日本では青森でも生産量が多く有名で、もちろん知らない人はいないと思います。

 

素人が見るとどれも同じように見えますが、日本での品種は177種類もあります。

 

そんなりんごですが効能もたくさんあって、カゼや便秘の対策などでも利用したことがある人はいると思います。

 

今回は口臭ということになりますけど、どのようは働きがあるのかお伝えします。

 

 

口臭対策にりんごジュースが効果があるのはポリフェノール!

口臭対策にりんごジュースが効果があるのはポリフェノールによるもの 
「あれ?私って口臭がきつい?」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな場合には、リンゴジュースを毎日飲むのがおすすめです。

 

リンゴには、気になる口の臭いを抑える効果があります。そのため、リンゴジュースを意識して飲むことによって、口臭を対策することができるようになります。

 

リンゴが口臭に効果がある理由として、ポリフェノールを含んでいるからです。

 

ポリフェノールには、口の臭いを抑える効果があります。口の臭いというのはそもそも、食べた物のカスを原因として発するものです。

 

食べた物のカスなどがエネルギーとなって、口の中に最近が繁殖します。

 

それらの細菌が繁殖すると、腐敗していきガスが発生します。そのガスこそ口臭です。

 

このガスは、揮発性硫黄化合物と呼ばれています。

 

揮発性硫黄化合物は、メチルメルカプタンと硫化水素、ジメチルサルファイドという3つの成分が主になって構成されています。

 

この中のメチルメルカプタンは、歯周病の原因ともなる成分です。

 

この成分は、リンゴのポリフェノールを摂取すると、発生を抑えることができます。

 

そのため、揮発性硫黄化合物の発生も抑えることができるようになります。

 

つまり、リンゴジュースを飲んでポリフェノールを摂取すると、臭いの原因自体を抑えることができます。

 

りんごポリフェノールは他の成分と結合しやすく体にプラスの働きを与えてくれる 
また、ポリフェノールというのは、様々な成分と結合しやすい成分のひとつです。

 

そのため、結合した成分を分解してしまいます。したがって、臭いの元となっている成分とも結合しやすい関係性にあるので、そこで結合して分解してしまい、臭いのもととなっている成分を、臭いのないものへと変化させることができます。

 

さらに、リンゴには胃の調子を整える効果もあります。口臭の原因となるのは、口の中だけでなく、胃からあがってくる臭いによることもあります。

 

そのため、胃の調子を整えることによって、胃で発生するガスを抑えることができ、臭いを対策することができるようになります。

 

ただし、リンゴジュースといっても、市販されているものでは効果が少なくなってしまうことが分かっています。

 

それは、市販されているものでは、食品添加物が含まれていたり、ポリフェノールが分解されてしまったりしているので、ポリフェノールの含まれている量が少ないからです。

 

したがって、口の臭いを対策するためにリンゴジュースを飲む場合には、リンゴをミキサーに入れて、自分でジュースをつくった方が、効果は高いです。

 

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る