接客業で口臭!突然の臭いに対しての対策の仕方

 

接客業の人は身だしなみはもちろんですが、口臭の対策もエチケットして当然必要になる職業だと思います。

 

人と接するプロなので、当たり前のようにエチケットは定着しているとは思いますが、突然口臭が発生する事もあります。

 

せっかくいい接客をしているのに、臭いで相手への印象が悪くなってしまうと自分よりも、その会社に対してのブランド力が落ちていく事にもなります。

 

「お客様からクレームが来た」このような方もいるので、細心の注意をしたいところです。

 

突然の悪臭に対しても対応できる事が本当のプロと言えるかもしれません。

 

突然の口臭などに、どのような対策方法があるのかお伝えします。

 

 接客業で口臭が発生したときの対策と原因について

接客業で口臭を対策させるための方法について 

 

接客業の口臭対策としては、口の渇きを解消して口の中の細菌が増殖することを防ぐことです。

 

接客業は数多くの人と会話することで成り立つ仕事ですから、会話中の口の臭いに対しては人一倍気にすることです。

 

また口の臭いは良い印象を相手に与えることはないと言っても過言ではありませんし、仕事の成績を左右する可能性が高いと考えられます。

 

仕事の合間を見計らって口の臭いに対するケアをしていると思います。しかし忙しい中ではなかなか細目にケアすることは難しいものなので、簡単にできる接客業の口臭対策を知っておくと役立ちます。

 

口の臭いの原因となるのは口の中に多く存在している細菌で、その細菌が増殖してしまうことで発生してしまいます。

 

この細菌の増殖に関係してくるのが唾液です。唾液は細菌のエサとなる食べカスなどを掃除する働きがありますし、細菌の増殖を抑える抗菌作用もあるのです。

 

しかし接客中はこの唾液が不足しがちになって、口の中が乾燥して細菌が増殖してしまう可能性があります。

 

そして、それにより口の臭いを発生させてしまうのです。

 

唾液が不足してしまう要因としては、接客中は話し続ける場合もあって口が開いた状態が多くなるためです。

 

また接客中の会話は少なからず緊張するでしょうし、クレームなどでストレスを感じてしまうこともあります。

 

この緊張やストレスにより唾液の分泌が減ってしまうこともあるのです。

 

それから喫煙も唾液を減らす原因になりますし、タバコ自体が口の臭い原因になってしまうのです。

 

こうした原因で口の臭いが発生するので、時間がなくても簡単にできる口の臭い対策を知っておいて実践してみると良いでしょう。

 

口の臭いがある人の約8割は舌苔が原因と言われているので、水分補給をして舌苔が付かない様にすることがひとつの方法としてあります。

 

顎の上を舌で擦る感じで常温の水を一口飲むだけなので簡単にできる方法です。

 

口の中が乾かないようにするために、レモンなどすっぱいものを想像して唾液量を増やす努力をすることも対策につながります。

 

口の中の細菌を減少させたり口に潤いを与えたりしてくれるタブレットがあるので活用すると良いでしょう。

 

ガムと違って口を動かさずに舌の上で転がすだけでOKなので、お客様が居たとしても分かり難いというメリットがあります。

 

忙しくて歯磨きやうがいをする時間がない場合は、口の中を清潔にすることが可能な口臭スプレーを利用すると良いです。

 

ちょっと隠れて使用してみるのもひとつの方法です。

 

緊急的な対策ですが、しっかりと対策するにはサプリメントなどの使用が求められます。

 

下記のサイトも参考にして下さい。

 

関連 30代女性の口の臭いについて

「スポンサードリンク」


トップへ戻る