小学生の子供の口臭原因を知りたい!ケアをしても解決できない

小学生の子供の口臭原因を知りたい!ケアをしても解決できない 
小学3年生の子供、息子のことですが、口臭が強くなって困っています。

 

小学生に上がりはじめてから徐々に気になってきて、今ではとてもひどい臭いを感じます。

 

便のようなうんちのような臭いとでも言うのででしょうか、とにかくひどい臭いで、私も子供と会話するときにイヤになることがあります。

 

旦那にも相談して臭いを確認してもらうと、やはり口の臭いがあるようで、私ほど感じてないみたいですが口臭があることが分かるとのことです。

 

すぐに歯科にいって診てもらいましたが、虫歯などもなく、歯磨きについてもしっかりとさせているので、特に何も問題がありません。

 

歯磨き不足かと思い、さらにしっかりとさせているのですが、あまり変わることがなく何か良い方法はないかと困っています。

 

歯磨き粉も変えてみましたがあまり変わっている様子はありません。

 

特に朝がひどいように感じます・・・

 

ということで子供の口臭原因についてです。

 

原因はすでにハッキリとしているのでその対策をすれば解決すると思いますが、どのようなことが原因なのか、その詳細についてです。

 

 

小学生の子供の口臭原因は口腔内環境の悪化

小学生の子供の口臭原因は口腔内環境の悪化 
小学生の子供の口臭原因は一言でまとめると「口内環境の悪化」とういことになります。

 

口臭は口腔内以外でも体内から発生する原因もありますが、今回の場合は「朝に特にひどい」ということですから、原因はハッキリとしていて口腔内の環境が悪いことがすぐに分かります。

 

朝に特に口臭がひどくなるのは、寝ているときに細菌が増えやすくなっていて、そのため朝になると特にひどくなるということです。

 

それが続くことで今度は口腔内の環境が悪い方に変化してきます。

 

口の中には悪玉菌、善玉菌、日和見菌がいますが、その中の悪玉菌が優位になっていまうことで常に口臭がひどくなるということです。

 

細菌バランスが維持されていれば、一時的なものになってきますが、悪い方に傾くことで一時的なものではなくて、継続的なものに変わることになります。

 

唾液にはその悪玉菌等を減らすことができるラクトフェリンなどが含まれていて、それらの抗菌成分が口の中から少なくなっていることが最終的な原因になっているはずです。

 

寝ているときには、さらにその唾液が減少することになるので、さらに細菌が増えるようになります。

 

そのたに朝に特に口臭が強くなるとうことです。

 

唾液が減るのは子供の場合は、緊張、ストレス、口呼吸などが原因として考えられます。

 

まとめると唾液が通常よりどこかで減っているいる、細菌が増える、細菌バランスが乱れる、寝ているときにはさらに唾液が減少するので、さらに細菌が増える、このような悪環境になっているではないでしょうか。

 

対策としては、専用のタブレットを利用することですぐに対策ができるはずです。

 

さらに詳しいことは下記のサイトが参考になります。

 

子供の口臭の対策と臭いの原因まとめ

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る