口臭から下水のような臭いがする原因は口と胃腸関係

口臭から下水のような臭いがする原因は口と胃腸関係 
下水の臭いはどこで臭ってもイヤなものですが、口臭でも下水のような臭いを感じる人がいると思います。

 

下水の臭いがする口臭というのは、基本的に細菌などが原因となることが多いといえます。

 

ただ口のケアをしても改善されないことも多く、原因をしっかり突き詰めていかなければなりません。

 

口臭が下水のような臭いになる原因は、胃腸のトラブルやもしくは口の中の環境などが考えられます。

 

胃腸というのは、食べたり飲んだりしたものを分解して消化する器官は知ってのと通りです。

 

正常に消化の活動がされていれば、不要物は便などになって排泄されていきます。

 

しかし、腸の機能が低下していたり、分解する酵素が不足していたりすると消化不良が起こったり、食べ物を消化しきれなくなることがあります。

 

腸内は体の温度と同じくらいですから、そこに溜まった残留物はどんどん腐敗が進ことになります。

 

つまり生ゴミが腐るのと同じ状態になり、腐敗した残留物からは有毒ガスが発生します。

 

この段階でも口臭はかなり強くなりますけど、胃腸のトラブルが起こっていると腐敗がどんどん進行するため、硫黄系の化合物成分が発生します。

 

硫黄系の臭いが呼気から排出されることで、他の臭いと混ざり合うので下水のような臭いになってしまうことがあります。

 

また、歯槽膿漏や歯周病などが発生していると、口腔内には悪玉菌がたくさん生息している状態になり悪臭がすることになります。

 

これらの悪玉菌が食べ物のカスや細胞の死骸などの汚れを分解すると、メチルメルカプタンというガスを多く発生させます。

 

メチルメルカプタンは硫化水素の一種で、悪臭成分ともなります。

 

そのためこの成分が発生すると、卵が腐ったような臭いや何かが腐ったような臭いがします。

 

口腔内にこういった臭いが充満していれば、当然ですがしゃべったり呼吸をしたりするときに排出されことで、口臭が下水のような臭いになることがあります。

 

口臭から下水の臭いがするとものすごく、不潔な印象を与えることになります。

 

例え原因が病気のせいであったとしても、第三者には理解してもらえないことが多いかもしれません。

 

ですので、少しでも口臭などを感じたら対策を行って改善していくことが重要です。

 

 

 口臭から下水の臭いを感じるときの改善の方法は?

口臭から下水の臭いを感じるときの改善の方法は? 
女性でも男性でも口臭の悩みは持っていますが、特に中年の男性に多いのが下水のような臭いがする口臭の発生です。

 

例えば似た臭いで排水口から臭ってくるにおいも気持ち悪くなりますが、口から下水の臭いがするというだけで、とても悪臭だといういことが分かると思います。

 

マウスウォッシュ、または歯磨きだけでは対策しにくい下水の臭いですが、もちろん対策を行えばしっかりと改善することも可能になってきます。

 

下水の臭いがする口臭を改善するには、まず原因を発見していくところからスタートです。

 

口臭が発生する原因は色々ありますが、下水のような臭いというのは病気の可能性が高いとも言われていますが、ほとんどは細菌の影響が大きいといえます。

 

自覚症状があれば治療を行うことで改善できますが、口臭だけしか症状が出ていない場合ときもあるので心配な人は病気かどうか調べる必要があります。

 

下水の臭いがするのはちょっときわどい臭いでもあるために、一度病院で検査をすることをオススメします。

 

一般的に、ひどい口臭がするには胃腸系のトラブルか口腔内の原因がほとんどといえます。

 

ただ、胃潰瘍や胃腸炎などが発症しているケースもあるので、早期発見早期治療が重要ですから、病気の悪化を抑えるためにも、まずは内科などを受診することも大事になります。

 

ただ、歯茎が腫れていたり血が出ていたり、虫歯があっても治療していないという場合は口腔内が原因のことがほとんどになりますので、その口の病気もしっかりと完治させるようにします。

 

口内疾患で下水のような臭いがするわけがない、と思うこともあるかもしれませんが、歯周病や虫歯が悪化すると下水臭だけではなく他の腐臭がすることも良くあることです。

 

こういった臭いが厄介なのは、すでに自分の口臭に慣れてしまっているため、ものすごく悪臭であっても自分では気がつきずらいところです。

 

そのため改善策が遅れてしまうことも多いので、口内疾患があって少しでも下水の臭いを感じたらすぐに歯医で診てもらいましょう。

 

また根本的な原因を改善することも大事ですが、口内環境を整えることも重要になってきます。

 

治療を始めたからといって、すぐに口臭が改善されるわけでもないことがほとんどです。

 

ですので、例え原因が分かったとしても、口のケアや歯磨きなどでしっかりとオーラルケアをして口内の細菌の繁殖を増やさないように注意します。

 

下水の臭いの口臭を改善するのは簡単ではありませんが、原因の治療とオーラルケアをすれば対策ができるので地道な口のケアを続けるようにします。

 

また便利なアイテムを使用することも改善を早めることになります。

 

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る