口臭は腸内環境が悪化すると口の臭いの原因になることも

 

腸内環境が悪化することで口臭の原因になる理由についてです。

 

腸内というと色々な細菌がいますが、その細菌のバランスが乱れることで口の臭いが強くなることがあります。

 

便秘とも深い関係にありますが、腸内は第二の脳とも呼ばれていて、脳の命令とは別に自立しているとも言われています。

 

とても大事な器官であることは間違いのないことで、ここの状況がアンバラスになることで口の臭い以外にも病気との関連性もでてくる場所です。

 

また、腸内の健康を維持させることで体にもプラスになる要素がたくさんあります。

 

ただ、今回は口の臭いということですが、どのような関係性があるのかお伝えします。

 

腸内環境が悪化すると口臭の原因になるのは細菌の影響

腸内環境が悪化すると口臭の原因になるのは細菌の影響 
口臭の原因の中には、口の中ではなく腸内環境に問題のあるケースも見られます。

 

腸内環境が悪化して悪玉菌が多くなると、腸の蠕動運動が弱くなります。

 

その結果、便秘気味になる傾向が見られますので、便秘に心当たりがあって口臭も気になるというのであれば、善玉菌を増やして腸内の環境を改善することが大事になります。

 

そのためには、まず善玉菌を多く含んでいる発酵食品を意識して摂取することです。

 

善玉菌には乳酸菌やビフィズス菌がありますが、このような菌を言われるとヨーグルトをイメージする人も多いかもしれません。

 

確かにヨーグルトには善玉菌が多く含まれています。

 

しかしこのほかにも、納豆やみそ、キムチ、漬物などにも含まれていますので意識して摂取することが大事です。

 

また時間がなくてじっくり食事がとれないというのであれば、乳酸菌飲料というのがいろいろなメーカーから販売されているのでこちらで摂取する方法があります。

 

すぐに飲めますのでどんなに忙しい人でも実践できるはずです。

 

善玉菌を増やす一方で悪玉菌を増やさないようにすることも大事です。

 

悪玉菌は肉をはじめとしたたんぱく質や脂肪を多く含む食品を好む傾向があります。

 

もし普段肉ばかり食べているというのであれば、魚料理も献立の中に積極的に取り入れた方がいいです。

 

また肉の食べ過ぎは、大腸がんの罹患リスクも高めるといわれています。

 

がん予防の意味でも、普段肉ばかり食べている人は食生活の見直しをすることが大事です。

 

そのほかには適度な運動をすることもおすすめといわれています。

 

運動不足になると、腹筋が弱くなります。すると腸の蠕動運動も弱くなって便秘がちになり、腸内の環境を悪化させる要因になりかねません。

 

筋力をつけることで腸の蠕動運動のサポートができ、スムーズに便を体外に排出できるようになります。

 

ただし運動する場合に注意したいのは、あまりに激しい運動を続けないようにすることです。

 

負荷の高い運動をすると、自律神経の中でも交感神経が優位になってしまいます。

 

すると腸の動きが逆に鈍くなってしまうのです。

 

ですから腸内の環境を改善するために運動するのであれば、ウォーキングのような軽めの無理のない運動をすることが大事です。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る