腸内環境と口臭の関係とは?以外に気付かない口の臭い原因

腸内環境と口臭の関係とは?以外に気付かない口の臭い原因 
腸内環境と口臭の関係についてです。

 

実は意外に気がつきづらいのが腸内環境の影響による口の臭いです。

 

腸内環境が影響するというと、すぐに便秘などをイメージしてしまうものですが、それも確かに関係してきますけど、どちらかというと、本当の意味での細菌バランスが乱れた状態のことになります。

 

便秘については、腸のねじれや筋力の低下、ストレス、そのようなことも大きく関係してくるので、必ず腸内細菌が関係してくるとはなりません。

 

そのため便秘になると、それが口臭の原因になるようなことがささやかれますが、それとは関係しているようで、また別な意味になります。

 

腸内環境が乱れると必ず便秘になるということではなくて、そうでもないケースが多くあるということです。

 

少しややこしい感じもしますが、どのようなことかお伝えします。

 

 

腸内環境が悪化すると口臭の原因になる理由は?

腸内環境が悪化すると口臭の原因になる理由は? 
腸内環境が悪化すると口臭の原因になるのは、悪玉菌の影響によるものです。

 

すでに知っている人も多いと思いますが、腸内には細菌バランスが存在していいて、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌と存在しています。
大きくこの3種類の細菌が腸内でうごめいていて、バランスを保っています。

 

どの細菌についても人間にとっては必要な細菌で、特に悪玉菌というと字を見ても悪さをするような細菌にしか見えませんが、この細菌がいないと肉などのタンパク質の分解ができなくなってきます。

 

どの細菌も必要なことになりますが、バランスが乱れることで腸内の環境を荒らしていきます。

 

腸内の環境が悪くなることで、悪臭成分がたくさん発生するようになります。

 

それがおならや便臭などに反映されることになりますが、とても悪臭になることが多く、その悪臭の成分が口臭の原因になります。

 

便秘よりも症状としては、下痢気味の人の方が多くの悪臭成分を発生させていることが分かっています。

 

そして良くトイレにいく人、ここも共通してきます。

 

普通に考えるとトイレに良くいく人は、快便のようなイメージを持ちますが、腸内環境が荒れていることでトイレに良くいく人も多いということです。 
普通に考えるとトイレに良くいく人は、快便のようなイメージを持ちますが、腸内環境が荒れていることでトイレに良くいく人も多いということです。

 

そして便の状態が下痢気味のような状態も共通してきます。

 

まとめると未消化、ということになりますが、腸内が上手に働いていないことで、そのようになりますが、それと関係しているのが腸内細菌になります。

 

細菌のバランスが保たれていないために下痢をしやすく、中には便秘をする人もいます。

 

腸内環境が悪化すると便秘になるだけではなく、下痢のようなようになる人も多いということです。

 

下痢なのでトイレにいく回数が増えるので、それを誤解して腸内の環境が整っている、そのように誤解している人も多いことになります。

 

便が出ている出ていないに関わらず、どちらにしても正常な便の形になっていなければ、腸内が荒れているということです。

 

そこから悪臭成分が多く発生して口の臭いが強くなることがあるので、快便であっても注意が必要だということです。

 

それが原因になっていることが多くあるので、便秘よりも快便の人は少し疑ってみることをおすすめします。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る