副鼻腔炎(蓄膿症)が口臭と関係があるのはどのような理由なの?

副鼻腔炎と口臭との関係について 
副鼻腔炎とうのは、副鼻腔の粘膜に細菌やウイルスが感染することで炎症が起こす鼻の疾患のことです。

 

鼻づまりや鼻水などの症状がみられますが、鼻と副鼻腔をつないでいる自然口というところが細菌により感染して閉じられてしまい副鼻腔に膿がたまってしまうことが原因になります。

 

急性と慢性では治療法が異なります。

 

身近な言い方では蓄膿症と呼ばれていますが、医学用語では存在しませんがその方が伝わりやすいかもしれません。

 

どちらにしてもこの蓄膿症から口臭に発展することもあるので、どのような理由があるのかお伝えします。

 

 

副鼻腔炎(蓄膿症)が口臭と関係があるのは鼻水?

副鼻腔炎と口臭の関係は鼻水が原因になる 
いろいろな原因がある口臭ですが、病気が原因になることも少なくありません。

 

その中でも、副鼻腔炎が原因で臭いが発生することがあります。

 

これは蓄膿症のことで、珍しい病気ではありません。

 

毎年多くの人が発症している、誰でもかかる可能性があるものです。

 

副鼻腔炎と口臭の関係ですが、副鼻腔が炎症を起こすと黄色ブドウ球菌が増え、膿が溜まります。

 

黄色ブドウ球菌の他にも緑膿菌もあります。

 

緑膿菌は鼻水が緑色になり、腐敗臭がします。

 

鼻水は鼻の奥から喉の方へ落ちています。

 

悪臭を放つ鼻水が喉に落ちれば口の中にも臭いが集まり、息が臭くなります。

 

この口の臭いを無くすには、副鼻腔炎を完治させるしかありません。

 

副鼻腔炎は、風邪がきっかけになることが多いです。

 

鼻の両脇や眉間辺りにある粘膜に覆われた空洞が副鼻腔というのですが、そこに黄色ブドウ球菌や緑膿菌が入って炎症を起こすと発症します。

 

頬が痛いとか、おでこが痛いなどの症状があらわれ、熱が出る人もいます。

 

耳鼻科でレントゲンを撮ればすぐに診断がつくのですが、完治するまで時間がかかる厄介なものです。

 

昔は手術をしていたようですが、今は手術をすることは減り、薬で治療するようになってきています。

 

そのため、長い間服薬しなければなりません。勝手に薬を飲むのを止めたりして再発を繰り返す人も多く、いつまでも口臭が治らないのです。

 

また、副鼻腔炎になると鼻が詰まります。そうすると口呼吸になるので口の中が乾燥しやすくなります。

 

口が乾くと唾液がネバネバになり、細菌が繁殖してしまうために息が臭くなることもあるのです。

 

これを防ぐためには、やはり病気を完治させるしかありません。

 

副鼻腔炎は再発しやすいので、一度治ったと思っていても風邪をひいた時にまた症状があらわれることがあります。

 

ただの風邪だ、大したことないと放置してしまうと症状が進み、いつまでも悩みが解消されないことになりますので早い段階で治療を始めることが重要なのです。

 

最初は鼻づまり程度なので軽視しがちですが、きちんと治さないと慢性化してしまいます。

 

慢性化すると手術をしても治りづらく、治るまでに何年もかかってしまい、何年も口の臭いに悩まされることになります。

 

口の臭いは自分だけでなく、周囲の人も不快にさせるものです。

 

自分の臭いには気づきにくいこともありますので、病気が発覚したらすぐに治療をしていきましょう。

 

放置しておくと口の臭い以上の問題が発生する可能性があります。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る