酒臭いアルコールの口臭を消すことがすぐにできる!

酒臭いアルコールの口臭を消すことができる方法とは?!

酒臭いアルコールの口臭をすぐに消す方法がある 
お酒の臭いは、自分で自覚できない人がほとんどです。

 

飲み過ぎて帰宅すると子供などに「酒臭い」と言われたお父さん方は案外多いのではないでしょうか。

 

お酒は良く百薬の長といいますが、適度な量であればストレスの解消や健康にも良いことになります。

 

飲み過ぎると健康に害を与えるだけではなく、口臭などにも強く影響されてきます。

 

アルコール臭を好む人はあまりいなく、通常の口臭から比べると臭いとことではなく人間的なことに対して不信化を持つ人もいます。

 

飲み過ぎることは誰でもあることですが、万が一次の日にも臭いが残っていればすぐに消したところだと思います。

 

どのような方法で口臭を素早く消すことができるのかお伝えします。

 

 

酒臭いアルコールの口臭を消すことができる方法まとめ!

酒臭いアルコールの口臭を消すには 
お酒をたくさん飲みすぎてしまって、翌朝起きてみると酒臭いという経験のある人も多いでしょう。

 

特に重要な商談や会議のある時に、酒臭い状態で訪れては相手の印象も損ないかねません。

 

お酒による臭いが起きるのは、簡単に言えばアルコールの分解が不完全だからです。

 

アルコールがアセトアルデヒドという物質に変化した時に、独特の口臭を発してしまいます。

 

このお酒のにおいを消す方法ですが、自分でも手軽にできる方法がいくつかあります。

 

朝の時間をどう過ごすかが、お酒のにおいを消すポイントになります。

 

まず朝起きてシャワーを浴びることです。

 

シャワーを浴びることで血行が促進され、体に残っているお酒の分解が進むからです。

 

また臭いの原因として、眠っているときにかいた汗が関係していることもあります。

 

シャワーを浴びて汗を洗い流すだけでも、臭いのレベルはだいぶ軽減されます。

 

また朝食として果物を食べるのも有効な方法とされています。

 

まずおすすめなのは柿です。

 

柿にはカキタンニンやペクチンが含まれているのですが、お酒の吸収を抑制する働きがあります。

 

またカタラーゼやペルオキシターゼという酵素やビタミンにはお酒の分解・除去を進める効果があります。

 

アルコールの口臭にはリンゴも効果あり 

 

次におすすめなのが朝にりんごを食べることです。

 

リンゴにはポリフェノールにはメチルメルカプタンという口臭の原因になる物質を取り除く効果があります。またビタミンやクエン酸にはお酒の分解を進める作用があるといわれています。

 

お酒を飲むと利尿作用が促進され、寝起きの段階では脱水症状を起こしている恐れがあります。

 

このため、お酒を尿などで排出したいけれども、水分がほとんど残っていないことが多いです。

 

そこで朝起きたら、大量に水を飲むことです。

 

そうして尿をどんどん作り出して、お酒を外に出すことです。

 

そうすれば、いやなお酒の臭いも徐々に解消されるでしょう。目安ですが、前日のんだお酒の量と同じくらいの水を飲む必要があるでしょう。

 

よくブレスケアという口臭対策のグッズがコマーシャルなどで宣伝されています。

 

ブレスケアを朝飲めば大丈夫ではないかと思っている人もいるかもしれませんが、残念ながらあまり効果は期待できません。

 

というのもブレスケアは効果が現れるまで、どうしても時間がかかるからです

 

もし朝臭いがしないようにしたければ、前日眠る前にブレスケアを飲めば、翌朝には効果が十分現れるでしょう。

 

しかしあまり飲み過ぎないようにすることが、最高の臭い対策になるでしょう。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る