臭い玉の口臭が気になる人の対策と手軽な予防方法について

臭い玉の口臭が気になる人の対策方法について 
臭い玉は代謝のいい若い人にできやすく、潰すととてつもない悪臭を放ちます。

 

口の中に歯周病や舌の汚れがないであれば、次に確認するところが臭い玉の存在です。

 

カガミで大きく口を開けて、ノドの両脇に空洞が確認できると思います。

 

そこに臭い玉というものが隠れていることがあります。

 

白く丸い形をしているので、あるとすぐに分かると思います。

 

この白い玉は膿と同じようなことで、外部から侵入してきた細菌などと戦った後にできた異物のような存在です。

 

できやすい人は、そのような環境にあるとも言えますが、そうでもない人もいます。

 

ハッキリとした原因までは分かっていませんが、どちらにしてもそのままにすることで強い口臭となって現れます。

 

この臭い玉の口臭のちょっとした予防などもお伝えします。

 

臭い玉の口臭が気になる人の対策は耳鼻科で予防は口呼吸

臭い玉の口臭が気になる人の解決方法 
口臭が気になる人の中には、口腔内に臭い玉と呼ばれるものが発生している可能性があります。

 

臭い玉は正式名称を、膿栓といいアーモンドをした扁桃腺の穴にできます。

 

この膿栓がのどから鼻にあることで、下水やどぶ、大便の臭いといった強烈な悪臭を放ちます。

 

ですから膿栓を持っている人は、口臭が気になるでしょう。

 

臭い玉を取るには、やはり耳鼻咽喉科で本格的な治療を受ける必要があります。

 

しかし耳鼻咽喉科に行っている時間がなかなか取れないというのであれば、自分で膿栓の臭いを抑える方法もあります。

 

自分で対処するのであれば、うがいがおすすめです。

 

しかし勘違いしてほしくないのですが、うがいをしただけで膿栓を完全に取り除くのはかなり難しいです。

 

扁桃腺の穴にしっかりとくっついているためです。うがいをする時には通常よりも強めの力でのどを立てて行うことです。

 

そうすれば、水がより喉の奥にまでいきわたるようになります。

 

扁桃部分はのどの両脇にあるので、そこに水が届くようなイメージでうがいをしましょう。

 

うがいが終わったら、水を吐き出すのですが、この時も勢いよく出すことで汚れを取り除くようにおこなうのがコツです。

 

ただしこちらの方法はあくまでも応急処置です。

 

臭い玉を取るには耳鼻科にいくのが一番 

 

膿栓を取るには、やはり耳鼻咽喉科で治療を受けることです。

 

耳鼻咽喉科ではどのように除去するかですが、まずは吸引機を扁桃のところまで持っていきます。

 

そして吸引力を使って膿栓を吸い取っていきます。

 

扁桃まで持っていけるのかと疑問を感じるかもしれませんが、細い管を付けて通せば十分可能です。

 

しかし中にはこの吸引機だけでは、膿栓を吸い出せないケースもあります。

 

その場合には、舌圧子と呼ばれる金具の一種を使って扁桃を押さえ込んで膿栓を取り出すという方法が用いられることもあります。

 

いずれの方法についても、のどに器具を突っ込むような形になります。ですからえづきやすい人は不向きかもしれません。

 

ただし耳鼻咽喉科の中には、このような膿栓を取り除くのに積極的でないクリニックも結構あります。

 

先ほども見たように、けっこう大がかりな治療になってしまうからです。

 

しかしその割には「耳垢のようなもの」と解説する医者もいますが、膿栓を苦労して除去してもまたできる可能性が高いのです。

 

だったらいちいち取り除く必要はないのでは?といことになってしまいますが、そうもいかないと思います。

 

できてしまったらすぐに耳鼻科にいって取ってもらうようなことを繰り返していくうちにいずれ治まると思います。

 

除去してくれるクリニックの情報収集をまずは行いましょう。

 

できやすい人の傾向としては、口呼吸でクセをつけてしまっている人です。

 

鼻で呼吸すると鼻の中にいる粘膜である程度、外からの細菌などから数を減らすことで酸素などを内部にいれることができますが、口で呼吸をするとダイレクトに内部に細菌をいれてしまうことになるので負担が多いといえます。

 

フィルターが一つなくなったような状態なので、鼻で呼吸をするようにするのが最もな対応方法ということになります。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る