夫に口臭があることが言えないとき傷つけずに伝える方法とは

夫に口臭があることが言えないときの指摘の仕方や方法

 

夫に口臭があると、指摘できないことに悩んでいる奥さん方もいます。

 

「どのように伝えても傷つけてしまうのでは」このように思うようです。

 

また「亭主関白で伝えると怒られるかもしれない」など、夫の性格によっても悩み方が違うようです。

 

どのように伝えても、臭いの事については、人間ですから少しは気持ちに波がでます。

 

ただ、伝え方で深いキズにならないこともあります。

 

ここは夫の性格に合わせた伝え方になると思いますが、どのように伝えればいいのか、いくつか実際に奥さん方が試した例がありますのでそれを参考にして伝えてみて下さい。

 

口臭は奥さんだけではなく、わまりの人にも影響を与えることです。

 

夫に口臭があることが言えないときの指摘の仕方いろいろ

旦那に口臭があることが言えないときの伝え方 
夫婦になると長いこと一緒に生活することになります。

 

そうなるとお付き合いをしているときに気にならなかったことが気になるというケースも出てきます。

 

その中でも妻が悩んでいるのが、夫の口臭どう伝えるかというものです。

 

そのままストレートに伝えてしまうと、夫との関係がぎくしゃくしてしまいます。

 

相手のプライドを傷つけることなく、夫の口臭どう伝えるか、妻もいろいろと工夫が必要です。

 

インターネットを見てみると、夫の口臭の伝え方としていくつか興味深い方法があります。

 

以下では、冗談交じりに伝える、仕事と関連付ける、ケアに関心を向かわせる方法について紹介します。

 

冗談交じりの伝え方ですが、たとえば「昼間何を食べても良いけど、にんにくはないでしょ」みたい感じでいうわけです。

 

あまり深刻な感じではなく冗談を言っているようなテンションで話しかけると、「そうかあ」みたいに男性も軽く受け取れるでしょう。

 

もし普段から軽口をたたけるような夫婦であれば、「また食べたね、臭いよ」みたいな感じで鼻をつまむのも良いでしょう。

 

ただしあまり軽くいってしまうと、夫が真剣に取り合ってくれない恐れもあります

 

夫の口臭の伝え方はいろいろある 

 

男性の場合、仕事がすべてという人もいます。

 

そこで仕事と関連付けて、やんわりと指摘する方法もおすすめです。

 

具体的にどうするかというと、「営業成績トップのコツが雑誌に載ってたけど、口臭ケアは大事みたいよ」といった感じで伝えるのです。

 

男性の中には、自分の身だしなみに無頓着な傾向が見られます。特に結婚して年齢を重ねると、ますます顕著になるところがあります。

 

もし普段からあまり身だしなみに気を使わない旦那さんであれば、「身だしなみをきちんとしないでビジネスチャンス逃したらもったいないよ」のような感じで伝えましょう。

 

仕事一筋の人であれば、あなたのアドバイスを決して無視できないはずです。

 

ケアに関心を向けさせる方法として、「前にテレビで見たんだけど…」といった感じも有効です。

 

結構夫婦で会話するときにテレビの話題などをテーマに持ち出す人は多いでしょう。そこでテレビでマウスケアのことをやっていたといった感じで伝えるのはおすすめです。

 

マウスケアの方法だけでなく、新製品の紹介をしていたから「今度買おうと思うんだけどいいかな?」のように伝えている奥さんもいるようです。

 

旦那さんを傷つけないように、しかし口の臭いが嫌になっていることをわからせるにはどうすればいいかでけっこう試行錯誤しているさまがわかります。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る