口が臭いのをどうすればいい!口臭の改善方法について

口が臭いのをどうすればいい?口臭の原因と対策について

口が臭い!どうすればいいのかその解決方法 
口が臭いけど、どうすればいいのか?この答に対する結論は「臭い原因を1つずつ消していくこと」というのが答えになります。

 

どのようなことが原因で口から臭いがでているのか、その人によって変わることになります。

 

臭いの原因自体が分散しているということです。

 

ある人は虫歯、ある人は歯周病、ある人は舌の汚れ・・など、その人によって臭い原因が異なりますので、その原因に対して対処することで臭いは消えることになります。

 

臭い原因を細かく分けると病気なども含まれてくることになりあますが、大まかな原因をまとめながらお伝えしてみますので、参考にして下さい。

 

口が臭いのをどうすればいい?口臭の原因について

口が臭いのをどうすればいいのか?臭いの原因について 
口臭は口腔内から発生されるものと、内臓系から発生させるものと2つに分けることができます。

 

口腔内の臭い原因でいうと虫歯、歯周病、舌の汚れ、この3つぐらいになると思います。

 

すべてに共通するのは「」ということになりますが、これらの菌を対処することで臭いを抑えることができますが、その前に口腔内からの臭いが強いのか、体内からの臭いなのか最初に確認することで、どちらに原因があるのか特定することできます。

 

注意するのは、口腔内からも体内からも両方から臭いがでている場合です。

 

必ずどちらかに限定されるわけではないので、ここは注意が必要になます。

 

臭いを特定する方法は唾液を乾燥させる方法です。

 

口腔内から臭いがでていれば、唾液のその臭いが必ず溶け込んでいることになります。

 

唾液を指や布などにとって、唾液を乾燥させ、臭いを嗅いでみて下さい。

 

このときに鼻をつまむような臭いであれば、口腔内から臭いが出ていることになります。

 

そうでもない人は「体内から」ということです。

 

口腔内の場合の臭い原因は虫歯、歯周病、舌の汚れとありますが、可能性としてあるのは舌の汚れか、または口腔内全体に臭い菌が多いことが可能性としては大きくなります。

 

虫歯の場合は痛さ、歯周病の場合は出血、このような症状を確認できるので可能性としては低くなると思います。

 

そのような症状がないのであれば、口内が全体的に菌の数が多いということです。

 

口腔内の菌が多いと口臭になる 
菌の数が多くなるのは、ハミガキ不足、唾液の不足、口腔内のバランスの崩れ、この3つに影響されます。

 

ハミガキ不足で菌が増えて、虫歯や歯周病になったりしたことがある人は多いと思いますので、あえて説明は必要ないと思いますが、口内にはそれ以外の菌が400種類ぐらい共存しています。

 

これらの細菌が増えることで臭いが多く発生しますが、そのキッカケになるのが唾液の不足と口腔内のバランスの崩れです。

 

唾液には抗菌成分が含まれていますが、特に寝ているときに分泌量が減ってしまうので、普段から唾液の量が少ないという感じている人は、他の人より多く細菌を増やしてしまうことになります。

 

この唾液が不足することがキッカケになり口内全体に菌が増え、または舌に汚れが付きやすくなってしまいます。

 

そして口内には臭い菌を抑える菌も存在していますが、何か薬品的な要素のあるものを多用することで、菌のバランスを崩してしまい、臭い菌を増やしてしまうという結果になりやすくなります。

 

口腔内からの臭い原因をまとめると、唾液の不足か菌のバランスが崩れいているために、臭い菌が全体に広がっているか、舌に多くついているのか、ということになります。

 

臭い菌は口内の至るところにいます。

 

ほほなどの粘膜や舌の下部や歯やその隙間など口内全体にいます。

 

この場合の手っ取り早い方法としては今使用しているハミガキ粉を少し強化することと、タブレットを利用することです。

 

最初はどちらかに絞って使用するのもいいのですが、両方を使用することで劇的に菌を口腔内から減らすことができます。

 

臭い原因を何十パーセントも下げることができるので、おすすめの方法になります。

 

その時に注意点としては、薬品や添加物が使用されていないものを使用することをおすすめします。

 

薬品や添加物は口内のバランスを崩してしまいやすいからです。

 

市販のもので、そのようなものがあるのであればそれらを積極的に使用し、おすすめということであれば、この2点です。

 

「マスティック&アロマ」
マスティック&アロマ

 

 

 

「オーラルデント」
オーラルデント

 

自然の成分を使用しているのと効果が高いものなので、この2点は安心できます。

 

効果がでるのが早いですが、最低2ヵ月の使用をおすすめします。

 

口が臭いのをどうすればいい?体内からの臭いについて

口が臭いのをどうすればいい!体内からの臭い原因について 
体内から発生する臭いは主に内臓系が低下することで臭いが発生するようになります。

 

部位によって臭いの原因が異なりますが、胃腸であれば未消化、腎臓、肝機能であれば臭いの分解力が低下しているということです。

 

胃腸が弱ると未消化になることが多く、しっかりとした消化がされませので、その過程で臭いがでることになります。

 

しっかりとした消化がされないということは、しっかりとした殺菌が行われていないことになるので、そこから発酵が始まるということです。

 

この発酵した臭いが悪臭になるので、栄養と一緒に血液中に吸収されることで口から臭いがでるようになります。

 

肝機能が低下すると臭いが出やすくなるのは、ここで最終的に悪臭を分解しているからです。

 

その機能が衰えることで分解能力が低下していき、臭いが体中に溢れるということです。

 

内臓系が低下する原因は暴飲暴食やストレス、タバコなどが該当してきます。

 

通常の老化と違い、急激な老化をさせることで、機能低下が起こるようになります。

 

その機能低下に合わせたような生活環境にすることで、落ち着かせることができますが、いつもと変わらない環境にしてしまうために、内臓機能が追いつていないというになってしまいます。

 

この場合は「休ませること」が重要になります。

 

消化に良いものに変える、アルコールは控える、ストレスをなるべく溜め込まないようにする、などの工夫が必要になります。

 

タバコも本数を減らす努力が必要になります。

 

肝機能の低下は病気ではありませんが、そのような可能性につながる影が見え隠れてしています。

 

「休暇を与える」ということです。

 

サプリメントであればこのようなものが役立つはずです。

 

「臭ピタ!」
臭ピタッ

 

女性のダイエットによる口臭の場合は炭水化物をしっかり取ると解消されます。

 

「スポンサードリンク」


トップへ戻る