口臭がとれないと感じたときに知っておくこととは?

口臭がとれない!そう思うときにチャックしたいこととは?

 

口臭がとれない!と焦っている人がいますがそんなこともなく、臭いの原因を見つけられていない事が原因で臭いがとれないことが多いようです。

 

口臭は歯周病だけが、臭い原因ではなくその他にたいさくんの原因が隠されています。

 

臭いがあるということは、その臭いを出している犯人が必ず体のどこかに隠されていて、その根本が見つけられないと今回のようなケースになってしまいます。

 

臭いは不治の病と違い、治せるものがほとんどですが、例外的に病気などからくる口臭などもあります。

 

病気で多いのが糖尿病などによるものです。

 

酸っぱいような臭いを発生させるのが特徴的ですが、このような病的なものでなければどこかに臭いを漂わせている何かが隠されていることになります。

 

どのようなことで口臭が発生するのかまとめてお伝えします。

 

 

口臭がとれない!そんな事はない臭いの原因を知って改善を

口臭がとれないその理由について 
口臭の原因を分けると虫歯歯周病舌苔口腔内環境の悪化膿栓内臓機能の低下ダイエットとなります。

 

予測の範囲になりますが、中年であれば内臓機能の低下か舌苔、女性であればダイエットなどが臭い原因に当てはまることが多くなります。

 

その他に関しては痛みや出血など伴うことが多いので、口臭の原因が分からないとはならないはずです。

 

膿栓というのは、ノドの横当たりにできる小さい白い物体で、つぶすと悪臭がでます。

 

カガミで口を開けてついているか確認することができるので、すぐに分かると思います。

 

ついていた場合は耳鼻科で5分もしないで簡単に取ってくれますので、自分で取らないようにして下さい。

 

舌苔も舌が白くなっているですぐに分かります。

 

この場合は便利なタブレットなどの使用ですぐに解決できます。

 

虫歯、歯周病、膿栓、舌苔以外になると、口腔内環境の悪化、内臓機能の低下、ダイエットとうことになります。

 

口腔内環境の悪化というのは、腸内の細菌のようにその菌のバランスを崩したことで発生する臭い原因です。

 

腸内でいうと悪玉菌が増加して優勢になるために多くの悪臭を出すことになります。

 

口腔内も同じようにこのバランスがありますので、そのバランスを崩すことで口臭が発生しやすくなります。

 

この場合はビフィズス菌、乳酸菌などのタブレットを使用することで解消できることが多いです。

 

女性に多いダイエットによる口臭というのは、極度のダイエットをしたことで起こる臭い原因のことです。

 

貯蔵しておいた脂肪を使い切ってしまい、筋肉をエネルギーに使用されたときに起こる臭い原因です。

 

この筋肉を燃焼させエネルギーにしたときに不完全燃焼したケトンという物資が体内に多く残ります。

 

この物質が臭い原因になるということです。

 

それと連動して便秘などになる人も多く、腸内環境を悪化させると多くの悪臭物質を体の中で生産させることになります。

 

これはダイエットというよりも栄養を減らしただけということになるので、あまりおすすめできる内容ではありません。

 

食べても太らない体質の人がいますが、そのような体質にしなければリバンドしてしまうことがほとんどです。

 

どちらにしても体に必要なものがないと臭いが発生しやすくなります。

 

内臓機能が低下すると口臭になるのは、消化などがスムーズに行えなく体内で微生物が異常発酵することで悪臭ガスを発生させ臭い原因になります。

 

ストレスや生活環境が消化システムを低下させますので、そのような環境を作ることが必要になります。

 

簡単にまとめてみましたが、臭いは体内のいろいろなところからでてきます。

 

これ以外になると病気、または未知なものということになりますが、上記のようなことに当てはまることがほとんどです。

 

原因に合わせて取り組むことで口臭は改善されます。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る