胃からくる口臭予防は臭いの原因を知ることで抑えられる!

 

胃からくる口臭予防は、胃に刺激を与えないことが最大の予防になります。

 

胃から直接、臭いが口の方に上がってくるわけではないですが、胃が弱ると悪臭が発生しやすくなるのは、長い人生経験から何となくでも感じている人は多いと思います。

 

弱くなるというのは病気ではなく機能低下ということになります。

 

加齢で体全体的なものが機能が低下していきますが、胃が原因で口臭が発生するのは自然な流れの老化や加齢ではなくて、それを早める行為が原因とも言えます。

 

体が徐々に対応していくような状態ではなく、急激に機能低下をさせる要因が臭いの発生と深い関係があります。

 

どのように胃からくる口臭予防をすればいいのかお伝えします。

 

胃からくる口臭予防に必要なのは臭いの原因を取り除くこと

胃からくる口臭予防について 
胃からくる口臭を予防するのに必要なことは、結論をいうと臭いの原因を「取り除くこと」当たり前のことですが、この考え方が1番の予防になります。

 

病気や何にでも当てはまることですが、原因が先に分かっていれば予防をする事が十分可能だということです。

 

分かりやすい例でいうと歯磨きなどがそうです。

 

虫歯や歯周病でもないのに、ほとんどの人は歯磨きを毎日すると思います。

 

毎日歯磨きをする理由は、歯磨きをしないと口内のトラブルが起こることを知っているために当たり前のように毎日、歯磨きをします。

 

または虫歯や歯周病などの経験があり、その辛さを避けるために歯磨きをする人も多いと思います。

 

これと同じことで臭いが発生してから対応するよりも、予防で先回りをして対応させることが臭いを発生させない1番の方法でもあって改善も早いと言えます。

 

胃からくる口臭予防の場合は「刺激を与えないこと」これが一番の予防方法になります。

 

胃が弱ると口臭が発生しやすくなるのは消化機能の力が下がり、食物などを十分に消化されないために臭いが発生しやすくなります。

 

その胃の機能胃低下に影響させるのが食べる量、辛いものなどの刺激、アルコール、ニコチン、ストレスなどが大きな負担を与えています。

 

どの臓器や体にもいえることですが、すべては1個1個の細胞の集まりで形や機能を形成しています。
胃というよりも細胞の劣化が口臭を発生させる 
その細胞に刺激を与える機会が胃には多いので機能が低下しやすいだけで、他の場素でも同じような環境を作ると機能が低下するということです。

 

胃ではなく場所を変えて、肌にしても刺激の強いものを与え続け、アルコールを毎日、肌に塗り、刺激の強い辛いものを肌に塗り続け、ニコチンを毎日肌に与え、さらにストレスを与え続けることで肌の細胞は悲鳴を上げるようになります。

 

顔や肌にそのような行為をしないのに胃にはそのような行為をしている人が多いという事になります。

 

」という見方ではなく「細胞の集まり」とみることで、その細胞が弱くならないための意識が必要になります。

 

そのような行為から胃の細胞、機能が低下して消化不良を起こす事で、発酵という臭いを作り出す現象が起きます。

 

発酵と腐るは少し違いますが、食物には微量に微生物が存在していて、胃の機能が悪いと胃液が不十分になって殺菌されないために、食物に含まれる微生物が生きていくために増殖をしていきます。

 

その行動が発酵や腐るということなのですが、そのときに悪臭が発生されるようになります。

 

その臭いが栄養を運ぶ血液に吸収さるので、肺が出口になり口臭となって現れます。

 

まとめると胃に刺激を与えないことが臭いの最大の予防方法になります。

 

胃が原因で口臭が発生した場合は、先ほど話した刺激になる要因をすべて取り除き、それを継続していくことで改善が早まります。

 

それ以外の方法となるとサプリメントの使用が効率的になります。

 

どちらにしても何かのアクションができないと胃からくる口臭は予防できないことになります。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る