口が臭い人の共通点と特徴と改善方法について!

 

口が臭い人には共通点があります。

 

その共通点は口臭の原因によって変わることになりますが、口腔内であれば口内環境の悪化、体内からであれば内臓機能の低下、この2つになります。

 

口臭の原因は主にこの2つに分ける事ができますので、その中で共通点がある事になります。

 

どちらにも共通するのが「細菌」ということになります。この細菌が発生させる揮発性のガスによって口腔内か体内か、または両方から臭いが発生させることになります。

 

それぞれの共通点を知って口臭の予防や改善にお役立て下さい。

 

口が臭い人の口腔内の共通点について!

口が臭い人の共通点!口腔内 
口腔内で口が臭い人の共通点は、口腔内環境の悪化ということになります。

 

小分けすると歯周病、舌の汚れ、善玉菌の減少、または虫歯ということになります。

 

これらの口のトラブルを起こすのは細菌によるものですが、そのトラブルを抑えている細菌が口内に少ないと口臭が発生しやすくなります。

 

ここにハミガキ不足が重なると、それが後押しすることで口内に臭いを発生させる細菌が増えることになります。

 

その細菌を悪玉菌と呼びますが、この悪玉菌が口内に増えることで臭いをだすようになりますが、減らすことで臭いを抑えることができるようになります。

 

口内には約400種類くらいの細菌がいますが、数にすると果てしない数になります。

 

すべてが悪い細菌ではありませんが、その臭いを抑えている細菌が善玉菌という菌です。

 

口内を総合で整える働きをします。

 

この臭いを抑えている細菌が口内から少なくなると悪臭菌が増加してしまうことになるので、普段からハミガキは丁寧に行う必要があります。

 

また、この善玉を増やすにはビフィズス菌が役に立ちますので、ビフィズス菌が使用されているタブレットなどを使用すると善玉を増やすことができるので口臭などを抑えることが出来るようになります。

 

口腔内から臭いをだす人の共通点は細菌数が多いという事です。

 

解決方法は細菌を減らすということになります。

 

口が臭い人の体内から発生する口臭の共通点とは?

口が臭い人の共通点!体内について 
体内から発生させる口臭の人の共通点は先ほど述べたように、内臓機能の低下です。

 

消化器系が弱ると細菌によって悪臭がでるということになります。

 

食べたものを長い時間放置すると腐敗菌が沸いて悪臭がでるように、それと同じことが体内でも発生していることになります。

 

胃腸が弱ると消火に時間がかかるということです。

 

胃液の分泌も悪くなり、ぜんどう運動なども弱くなりますので、そうなると食べた物がしっかりと消火の下準備がされず、そのまま食べ物に含まれる微生物が発酵を始めてしまうことになります。

 

この発行した臭いが大元の臭いになります。

 

それがそのまま腸内に運ばれ、腸内環境も悪化していれば、ここでも同じ事がおこります。

 

アンモニア系の強い悪臭成分などが栄養と一緒に吸収される事になるので、それが肺が出口となり口臭を発生させるようになります。

 

体内から発生させる臭いの共通点は内臓機能の低下とうことになります。

 

この臭いを早期に改善させるには、たくさんの事を気を付けなければいけないのですがストレス、アルコール、タバコ、食生活などの見直しが必要になります。

 

これを少しでも意識することが大事で、その小さなことがあとで大きな見返りとなって体の健康に影響を与えます。

 

一つ言える事は、人は老化というマイナス要素を持ち合わせているため、そのままにしても、プラスに働くことは難しくなります。

 

本来持っている自然治癒力も生活環境が土台になっているので、その土台が崩れていると、自然治癒力も働かないということです。

 

ちょっとした行動力と少しの勇気で体質は変えることができます。

 

私を含め、今まで臭いで悩んでいる方に共通するのもこの実行力の欠落です。

 

歯磨きのように虫歯でもないのにハミガキをする習慣になっていれば、どの病気もある程度は予防することは十分可能になります。

 

痛い思いをしないと実行できないのが人間の弱みでもありますが、痛い思いをしても実行できないのはマイナスしか生まないことになります。

 

臭いは病気ではないので、ちょっとした行動力になります。

 

詳しくは下記のサイトを参考にして下さい。

 

口臭が気になる男性の口の臭い原因と改善の方法

「スポンサードリンク」


トップへ戻る