口臭チェックを他人に頼らず自分で出来る方法がある

口臭を他人に頼らなくても自分でチェックする方法がある

 

口臭が自分で発生しているのか、していないのか気になる人も多くいると思います。

 

他人に確認してもらうには家族であっても頼みずらいものです。

 

そうなると不安な気持ちだけが選考してしまい、悩みのタネになってしまいます。

 

そうならないためにも他人に頼らず自分で口臭チェックする方法があります。

 

実は自分でチェックする方法はたくさんあるのですが、その中でも安全で確実性のある方法を紹介しています。

 

薬品などによる方法もありますが、本来そのような使用で使うものではなないのであまりオススメしていませんが、そのような事をしなくても確認する事ができます。

 

どのような方法があるのかお伝えします。

 

 

自分で口臭をチェックする方法について

他人に知られないで自分で口臭をチェックする方法について 

 

自分で口臭チェックをするにはいろいろな方法があります。

 

例えば、口臭チェッカーを使用する方法、舌をチェックしてみる方法、手の甲や手首を舐めてチェックする方法、マスクを装着する方法などです。

 

このような方法で客観的に自分で口臭をチェックをすると口臭に関する悩みも減少できますし、適切な対策をすることも可能になります。

 

ただ自分の口に手を当て自分の息を嗅いでみる方も少なくないですが、この方法は空気が混ざってしまうため適切に口臭を知ることができません。

 

自分で口臭チェックをする方法には様々ありますが、測定部分に息を吹きかけるだけで口臭を測定する口臭チェッカーを使用する方法は簡単です。

 

ただ市販されている製品は、機能や性能にバラつきがあって正確な測定ができない可能性があります。

 

また吐いた息が周囲の空気に流されることもあるので室内でしか測定できない場合もあります。

 

正確に測定して値を知るためには、歯科医院で口臭測定器を使用したチェックをする必要があります。

 

しかし、歯科医院でチェックするのは抵抗があるという方もいるので、そのような方にとってはある程度の目安になる値が知れるのでチェッカーは大変便利です。

 

舌をチェックしてみるのも口臭を確認することにつながります。

 

舌の表面に白や黄色っぽいポツポツしたものが付着していることがあります。

 

この苔状のものが舌苔で、細菌や食べかすにより発生して口臭を引き起こすひとつの原因になります。

 

舌苔が多い方や黄色っぽくなっている場合は注意が必要なので、布やティッシュで舌苔を拭き取って臭いを嗅いでみると口臭が分かります。

 

衛生上問題があることですが、手の甲や手首を舐めて口臭をチェックすることも可能です。

 

まず片方の手の甲や手首を舐めて30秒〜1分程度そのままにします。

 

その後舐めていない方の手の臭いを確認して、次に舐めた方の臭いを嗅いで匂いを比較するのです。

 

もし舐めた方の手が臭うという場合は、口臭を発生する物質が唾液に混じっているためなので口臭があると言えます。

 

鼻から口まで覆うマスクを装着した状態で、1分間程度口から息をゆっくりと吐き、鼻から呼吸することで口臭をチェックすることができます。

 

何度か深呼吸する感じで繰り返すと吐いた息の臭いの有無が確認できます。

 

マスク以外にもビニール袋やコップを使用することでもチェックできます。

 

このような自分でできる口臭チェック方法により客観的に自分の口臭を認識して、問題がある場合には適切な対策を心がけることです。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る