アメリカと日本の口臭対策の違いはコミュニケーション

アメリカと日本の口臭対策の大きな違いについて

 

それぞれの国には違う生活文化が存在していて、その生活文化から習慣とされてくるものが変わります。

 

似ているようで少し違いうような感覚です。

 

先進国のアメリカと日本の大きな違いはやはりコミュニケーションの仕方が大きく違うことに多くの方が気がつくはずです。

 

挨拶でも日本人は頭を下げたりしますが、アメリカの方は見ての通り握手を交わします。

 

日本人は私を含めて身体的な接触で挨拶などはしませんが、外国の方は相手に触れる事を多く望みます。

 

そのような理由から口臭への対策意識が変わる事にもなります。

 

日本とアメリカの口臭対策の違いをお伝えします。

 

アメリカと日本の口臭対策の違いはコミュニケーションの違い?

アメリカと日本の口臭対策の違いについて 

 

アメリカと日本の口臭対策の違いは、コミュニケーションのとりかたの違いが大きく影響しています。

 

相手に近づいてコミュニケーションをする習慣がある欧米では徹底した口臭対策が行われています。

 

一方、相手に近づく必要がない習慣の我が国では口臭対策の意識が低く、このように口臭対策に大きな違いがいがあるのです。

 

口臭は誰にとっても問題となり得る事柄ですし、人間であれば口臭が発生することは不思議ではないので世界共通の問題と考えることができます。

 

ただ、海外の人と比較して日本人の口臭は臭い傾向にあると言われているのですが、それは口臭に対する意識の違いがあるからです。

 

アメリカでのあいさつする状況を思い浮かべてみると、ハグしたり頬を合わせたりしていることが分かります。

 

しかし日本では一般的に頭を下げてあいさつするか、握手を交わすかして挨拶するので、ハグするとかキスをするあいさつはまずありません。

 

このように人と距離を保ったコミュニケーション習慣があることが、外国の人と比較して口臭に対する意識が低くなっている理由になります。

 

また日常的に他人と近づく必要がない習慣なために、真剣に口臭対策をしている人が少ないという現実も我が国にはあると言えます。

 

欧米ではハグしたり頬を合わせたり、キスをするくらい近づいてコミュニケーションをする習慣があることから、口臭対策はメイクをすること以上の社会的マナーになっているのです。

 

欧米の人はガムを噛んでいるイメージがあると思いますが、このガムを噛むことも口臭対策の意識の高さからきている行動なのです。

 

また、歯磨きの平均時間も欧米の方は長いですし、かなり強力なマウスウォッシュも積極的に使用するなどして徹底した口臭対策を実行しているのです。

 

それぞれの国の伝統や習慣なので一概に、どちらか良いとか悪いとかを判断できることではありません。

 

しかし、我が国は口臭に対する意識が低くなりやすく、アメリカと口臭対策に大きな違いがあることを知っておくことも必要なことです。

 

これからはもっと国際化が進行していくことになるので、我が国も日常的に欧米の方のように他人に近づくような習慣が増えることも考えられます。

 

そのように他人と近づく機会が増えると自分の口臭を気にすることも多くなりますし、社会的マナーやエチケットとして口臭対策に対して力を注ぐ必要があります。

 

また、相手の口臭に気づくことも多くなって口臭を指摘することやされる機会も増えることで、口臭に対する意識を高めていかなくてはならないと考えられます。

「スポンサードリンク」


トップへ戻る